ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年9月17日付け

 バンデイランテス病院の新病棟の通路は、蘭などの花の写真の額で飾られ、まるでホテルのような雰囲気が漂っている。各階のエレベータ前にある看護婦詰め所(ナースセンター)もホテルの受付のような上品な照明。旧コレジオの壁の上部には鳩よけの電線が張られ、フンよけ対策もばっちり。医師用の休憩室には、身体を包み込むような立派なソファーに加え、コーヒー機器、大型液晶TV、インターネット設備などがある。ちょっとしたリベルダーデの新名所か。
     ◎
 東京農大の一行に同行して来聖した同大の牧恒 雄教授は福岡県出身。県職員だった父親が1955年に120人の移民を引率してブラジルへ来たという。牧教授は農業工学科卒で移住者との関わりはそれほど深くないが、そうした縁から今回サンパウロを訪問。福岡県人会を訪れ、父親が保管していた移民の写真や資料などを寄贈したそうだ。
     ◎
 大手映画会社の配給によらない低予算で製作された作品を紹介する映画祭『INDE・10』がサンパウロ市のシネセスキ(Rua Augusta, 2075, Cerqueira Cesar)で16~30日まで開催されている。今年10回目。国際 交流基金が協力し、今年も日本映画が上映される。Ⅴシネマで多くの作品を世に出し、役所広司主演の「CURE」で名声を得た黒沢清監督の作品約20本を上映。時間や内容などしくは、サイト(www.indiefestival.com.br)、もしくは電 話(11・3087・0500)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 映画『人の望みの喜びよ』=14日より3市で公開2015年5月14日 映画『人の望みの喜びよ』=14日より3市で公開  杉田真一監督による震災映画『人の望みの喜びよ』(2014年、85分)=9日付本紙詳報=が14日から20日まで、聖、ベロ・オリゾンテ、ポルト・アレグレの3市で上映される。場所・日時は次の通り。【サンパウロ市】▼エスパッソ・イタウ・デ・シネマ・アウグスタ(Rua […]
  • 《ブラジル》ジャパン・ハウス=人気アニメ映画の内幕紐解く=400人限定に3千人が殺到=スタジオ・ジブリ青木さん講演2017年6月13日 《ブラジル》ジャパン・ハウス=人気アニメ映画の内幕紐解く=400人限定に3千人が殺到=スタジオ・ジブリ青木さん講演  「昔からジブリ作品が大好き。スタジオ・ジブリの人がブラジルまで来てくれるなんて感激」―。来月9日まで「ジャパン・ハウス」(平田アンジェラ館長)で開催中の『竹―日本の歴史』展の関連事業として、スタジオ・ジブリのイベント事業室プロデューサーの青木貴之さんを招き、講演会『ス […]
  • イベント情報2013年12月21日 イベント情報 ニッケイ新聞 2013年12月21日 【12/20から公開の映画】 ・エンダーのゲーム(米国/エンダーズ・ゲーム)  米国では定番人気となっている、近未来少年SFの映画化。 ・LIFE!(米国/ア・ヴィーダ・セグレード・デ・ウォルター・ミティ) […]
  • 女性狙った犯罪が増加傾向=サンパウロ州で1日半に一人被害に2019年2月19日 女性狙った犯罪が増加傾向=サンパウロ州で1日半に一人被害に  サンパウロ州では昨年、ほぼ36時間に1人の割合で、女性を狙った犯罪(フェミシジオ)で殺害事件が起きていたことがわかった。18日付現地紙が報じている。  州保安局のデータによると、州内で殺人事件(この場合、強盗殺人と故意の殺意が無かった場合は除く)によって亡くなった女性の数は […]
  • カルモ公園=プラネタリウムが再開=07年からの工事が終わり2016年5月11日 カルモ公園=プラネタリウムが再開=07年からの工事が終わり  サンパウロ市東部のカルモ公園内にあるプラネタリウムが、8日から再開された。2005年に開設されたプラネタリウムは、改修工事が始まった2007年以降、ずっと閉鎖されていた。 最大の問題は水漏れなどの水周りで、電気関係の問題もずっと続いていたため、改修が必要だった。座席や床にも手 […]