ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年3月28日

 在べレン総領事館を出張駐在官事務所に縮小するという日本政府の方針に対し、地元日系社会が反対運動を行って嘆願書提出にまで発展している問題がグローボでも取り上げられた。25日付けの報道は「べレン総領事館がアマゾナス州へ移転か」という見出しで、国会審議の上4月初めまでに正式決定、ブラジル第三の3万人の日系社会がある、という説明はいいのだが、「議員グループが議論し、麻生太郎首相に嘆願書を出した」というナレーションで目が点に。いくら頻繁に変わるとはいえ、一国の首相の名前を間違うとは…国内最有力メディアの報道、大丈夫?
    ◎
 群馬発・日系ブラジル人によるアイドルグループ「リンダⅢ世」が、ネット上で話題を呼んでいるとか。日本育ちの女の子5人組で、平均年齢13・5歳。現在同県を中心に活動中で、来月24日には初のDVD「未来世紀eZ zoo」をリリースする。サンバやバイレファンキなどブラジル音楽を取り入れた強烈な音楽は、「J—POP」「K—POP」ならぬ「B—POP」。初の日系人のスター誕生なるか?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年6月20日 大耳小耳  徐々に自粛解除となり、今までは営業できなかった店も開店しはじめた。飲食店は未だ持ち帰りや宅配のみ。夜になるとバールなどは店内に入れないようになっているが、店先で肩を並べて数人でわいわい「立ち呑み」しているのを見かけるようになった。外とはいえ、飲み食いの際はマスクを外さねばなら […]
  • 大耳小耳2020年6月17日 大耳小耳      ◎  クアレンテナが段階的に解除となり、限られた時間ながらも様々な店が営業を再開しだした。先日の土曜にはメトロのサウージ駅近くを車で通ったところ、店内が混雑しないようにするためか、出入り口での手消毒のためか、DAISOに客の列が出来ており、隣の店舗前にまで伸びていた […]
  • 大耳小耳2020年4月17日 大耳小耳  日本政府は4月16日、緊急事態宣言の範囲を全国都道府県に拡大した。これまでは、感染への対応を重点的に進める「特定警戒都道府県」として、7都道府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象にしていた。今回新たに6都道府県(北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都)も加え、 […]
  • 大耳小耳2020年3月24日 大耳小耳  ブラジル日系熟連クラブ連合会の機関紙『ブラジル老荘の友』553号の俳壇(吉田しのぶ選)には、興味深い句が並んでいた。《ブラジルに慣れしも正月雪恋し》(寺田雪恵)には、その通りと膝を打った。《三つ日坊主と知りつつ求む日記帳》(岩崎ゆりか)にも共感。年末年始に何度も誓って書き始め […]