ホーム | 日系社会ニュース | 「世界の向こう側」での1年間=木島孝文さんデコで個展=22日から

「世界の向こう側」での1年間=木島孝文さんデコで個展=22日から

ニッケイ新聞 2010年7月20日付け

 日本の文化庁新進芸術家海外研修制度でブラジル滞在中の画家、木島孝文さん(36、東京)が22日から8月22日まで、デコ画廊(R.dos Franceses,153)で2回目となる個展を開く。
 武蔵野美術大学大学院日本画コースを修了、現在同大日本画学科非常勤講師の木島さんは、昨年9月に渡伯し、サンパウロを中心に活動してきた。「パリに滞在した時と比べ、ブラジルでは生活のイメージがあり、人との付き合いも多かった。離れがたい気持ちです」と振り返る。
 セメントやタイルなどの素材に、日本画で使う胡粉や砂などを用いて作品を制作する木島さん。個展のタイトル「LA FACE CACHEE DU MUNDE」(世界の向こう側)には、伯国で過ごした一年間への思いがこもる。今回はブラジルの水晶や砂なども用い、2×10メートルの大作、デザイン画などを出展する。
 今回の作品は、自身の1000点からなるシリーズの500番目にあたる。木島さんは「折り返し点の作品を自分の生まれたところから見た遠い所に置くという目標が叶った」と話し、「難しく考えずに楽しんでほしい」と語った。
 22日は午後7時~10時。それ以降は午前10時~午後7時。問い合わせは同画廊(11・3289・7067)。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■今週末の催し2010年7月22日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2010年7月22日付け  土曜日 24日  第32回サンパウロ仙台七夕祭り、24、25日、リベルダーデ広場、24日午後2時開会式      □ […]
  • スザナ・ヤマウチ公演=モダンバレエ「わびさび」2008年5月6日 スザナ・ヤマウチ公演=モダンバレエ「わびさび」 ニッケイ新聞 2008年5月6日付け […]
  • ヴェネズエラ神話の終焉=霊感熱帯マルクス主義=パラグァイ 坂本邦雄2016年5月11日 ヴェネズエラ神話の終焉=霊感熱帯マルクス主義=パラグァイ 坂本邦雄  これは、日増しに深刻な多くの国政問題に悩む左派マドゥロ大統領政権下のヴェネズエラの話である。目下、パラグァイのお隣ブラジルの左派ジウマ大統領もインピーチメント騒ぎで今にも政権から追い出されそうで騒々しい。加えてアルゼンチンでも左派のクリスティーナ前大統領に代わった中道右派のマ […]
  • 2006年10月25日 カネボウから半世紀=KDB50周年祝う=来年から新社名一本で=「新たな出発点に」 2006年10月25日付け  「今年末をもってカネボウ・ブランドの使用を停止します。次の五十年に向け、新しい歴史に挑戦していきます」。KDBフィアソン社(高橋総八郎社長=本社サンジョゼ・ドス・カンポス市)は二十日夜、聖市ベリーニ地区の最高級ホテルで創立五十周年式典を行い、 […]
  • 日亜修好120周年記念絶品料理=日本市場解放祝って試食会2018年9月15日 日亜修好120周年記念絶品料理=日本市場解放祝って試食会  【らぷらた報知13日付】アルゼンチンと日本二国間の修好120周年記念として、アルゼンチン産肉の日本市場解放を祝い、アルゼンチン・パタゴニア・ラム(小羊)のプレゼンテーション及び試食会を8月29日に、ブエノスアイレス市内の料亭ニッポリで開催した。日亜修好120周年記念式 […]