ホーム | 日系社会ニュース | 「書家の登竜門」で初入選=日本最大の毎日書道展で=喜びの三好さん、牧さん

「書家の登竜門」で初入選=日本最大の毎日書道展で=喜びの三好さん、牧さん

ニッケイ新聞 2010年7月30日付け

 第62回毎日書道展が7日から8月1日まで東京・六本木の新日本美術館で開催されている。去年は同展に35000点を超える出展があり、内容、規模共に日本最大の書道展といえるものだ。今回、ブラジルから同展の近代詩部門に7点を出展し、会友(入選10回以上、無鑑査)を除く4点の全てが入選した。

 同部門では一畳程の大きな用紙に詩歌や現代文を書く。1つの作品を書き上げるには1時間以上かかるという。
 「集中力を切らさず気力を保つ事が必要」と話すのは若松如空ブラジル書道愛好会会長。自身、会友となっている若松さんは、「この書道展は書家にとっての登竜門。入選すれば一人前で、大変なことです」とその重みを説明する。
 6月中旬、日本から連絡があり、鈴木美津さん、西谷律子さん、三好芳信さん、牧洋子さんらが入選を果たしたと分った。今回、初入選なのが三好さんと牧さんだ。
 書道の準教師の資格もある三好さん(69、岡山)。書道歴は20年以上で、現在は月に2回自宅のジャカレーからリベルダーデの近くの茨城県人会まで3時間かけて通っている。
 渡伯後、本格的に書道を始めたという三好さんは「ブラジルに来て何か日本に通じる事をしたかった」とその出会いを振り返る。
 「(書道は)気持を落ち着け、誰にも邪魔されずに没頭し、他のことを忘れることができる」と魅力を話した。夫がうつ状態になったとき、心の支えになったのも書道だったという。
 入選については「ただびっくりです」と嬉しそうに話した。
 会友の石川爽香さん(ブラジル書道愛好会)は「先が楽しみ」と牧さん(65、三重)の初入選を称える。
 「夫の帰りが遅いときに集中して筆を持ちます。書の世界に入り込むのが好き」と牧さん。
 子どもに手がかからなくなってから本格的に書の道へ。ブラジル書道界の第一人者、故渡辺少南さんに教えを受け、2回目の出展で初入選を果たした。
 「恥ずかしいです。まだまだなので」と謙虚に入選の感想を語った。
 若松さんによれば、ブラジルの書家で同展での複数回の入選歴を持つ人は13人ほどだという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]