ホーム | 日系社会ニュース | YOSAKOI祭りに5千人=グルッポ・サンセイが5連覇=初参加のチームも大健闘=「交流どんどん高めたい」

YOSAKOI祭りに5千人=グルッポ・サンセイが5連覇=初参加のチームも大健闘=「交流どんどん高めたい」

ニッケイ新聞 2010年7月31日付け

 ブラジルYOSAKOIソーラン協会(浜崎マルセリーノ会長)主催の第8回YOSAKOIソーラン・フェスティバルが25日、聖市のビア・フンシャルで開催され、各地から初出場も含めた17チームが華麗な舞いをみせた。正午と午後5時からの2回に分けて行われた大会には、計5千人が来場。今年は日本からYOSAKOIソーラン祭り組織委員会の星野尚夫会長、日伯YOSAKOIソーラン協会の長沼昭夫会長、鮎川季彦事務局長、札幌商工会議所の菊嶋明廣常務理事も出席し見守る中、ロンドリーナのグルッポ・サンセイが5連覇を成し遂げた。

 今年は聖市、聖州(アチバイア、モジ、ビリグイ、カンピーナス、ビリチバ・ミリン、ミランドポリス、バストス、ブラガンサ・パウリスタ、リベイロン・プレット)、パラナ州(ロンドリーナ、マリンガ、パラナバイ、クリチーバ)、南マ州カンポ・グランデ、アマゾナス州マナウスから参加。児童の部に5チーム、成人の部に12チームが出演し、練習の成果を競い合った。
 各チームのレベルが上がり接戦となる中、今年もチームワーク良く迫力ある演技をみせたグルッポ・サンセイがグランプリを獲得。日本から特別輸入の生地で作った衣装、オリジナルの音楽を用い、今年は「先祖への感謝の気持ち」を演技に託した。
 伯国で5連覇を成し遂げたグルッポ・サンセイの今後の目標は、札幌市で開催される本場のYOSAKOIソーラン祭りで日本のチームと競うこと。コーディネーターの樫木アリーネさん(三世)は「2008年に訪日して特別参加してから、今度は日本のチームと互角に競ってみたいという思いがチームに強くなった」と意気込みを見せた。
 初出場で成人の部1位に輝いたのは、パラナ州のACEMA(マリンガ文協)から参加したグルッポ最強。琴の演奏を加えて、華やかな舞台を作り出した。リーダーの田村カミーラさん(16、四世)は「予想していなかった結果。本当に嬉しい」と感激し、「来年もぜひ参加したい」と話していた。
 聖州のモジ・ダス・クルーゼス中央日本人会で1年半前に結成し、同じく初出場の花火ソーランは、児童の部で31人の子供たちが元気いっぱいに踊り、札幌YOSAKOIソーラン祭り特別賞が贈られた。
 審査を務めた星野委員長は「情熱がすごい。日本のチームと比べてもひけを取らない」と評価し「YOSAKOIソーランの真髄は伯国にも伝わっていた」と大会の様子に胸を熱くしていた。
 長沼会長も「独創性があり、皆すごく楽しそうに踊っていたのに感心した」と話し、「日伯のYOSAKOIソーランの交流をどんどん高めていきたい」と力を込めた。
 大会結果は以下の通り。【グランプリ】=グルッポ・サンセイ、【児童の部】▼1位=ビリグイの友達、2位=ビリチバ・ミリン日本語学校、3位=アリアンサの力【成人の部】▼1位=グルッポ最強、2位=無限(パラナバイ)、3位=風河火山(マナウス)【札幌YOSAKOIソーラン祭り特別賞】=花火ソーラン、一心(聖市)【飯島秀昭賞】=若葉(クリチーバ)

「日本のチームにも刺激」=本場から初の公式視察団

 今年のフェスティバルに合わせ、日本のYOSAKOIソーラン祭り組織委員会の星野尚夫会長らが来伯し、ブラジルのYOSAKOIを初めて視察した。一行が着聖した23日夜には、聖市内レストランで北海道協会関係者を交えた歓迎会も行われた。
 昨年会長に就任し、このたび初来伯した星野氏の胸には、来年のブラジル・フェスティバルに日本からの遠征チームを送り出したいという思いがあるという。
 YOSAKOIを通じた日伯間の直接の交流は、07年の日伯YOSAKOIソーラン協会発足後、08年にグルッポ・サンセイが札幌市で開催されたYOSAKOIソーラン祭りに特別出演したことに始まる。鮎川季彦事務局長も「日本のチームが大きな刺激を受ける機会になった」と振り返っていた。
 来年の札幌市での開催には、グルッポ・サンセイが再度出演したいと自ら名乗りを挙げているなど、両国間の交流は、今後も益々高まりをみせそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ