ホーム | 日系社会ニュース | 日系画家の系譜を紹介=神戸で赤川コレクション展

日系画家の系譜を紹介=神戸で赤川コレクション展

ニッケイ新聞 2010年8月11日付け

 神戸市にある兵庫県立美術館で7月17日から11月7日まで、ブラジルの日本人・日系人画家の作品を展示する「ブラジル日系人画家の系譜」展が開催されている。
 ツニブラ旅行社社長の赤川威リカルドさんが08年の移民百周年を記念して同館に寄贈した所蔵作品65点のうち、45点を展示。戦前移民の第一世代から、戦後移住した作家、現代美術の世界で活動する世代まで、日系人画家の歩みを辿る。
 展示作品の作者氏名は次の通り。上永井正、半田知雄、高橋吉左衛門、鈴木威、檜垣肇、高岡由也、田中ヴァルテル重人、沖中正男、大竹富江、玉木勇次、安芸正人、福島近、沖中アリーナ、間部学、鈴木幸男、フラビオ・シロー、豊田豊、若林和男、廣田健一、森ジョルジェ、金子謙一、楠野友繁、近藤敏、越石幸子、野尻統正、田菊ふみ、西尾勝典、楠野隆夫、奥村リジア、福島隆、岡本アヤオ、金子太郎、庄山マウロ、島袋アデマール、吉沢太、大岩オスカール、近藤直人、工藤ジェームス、砂古友久、宮下作子。

image_print

こちらの記事もどうぞ