ホーム | 日系社会ニュース | サウーデ文協=ジアデーマで運動会=「家族で一日楽しんで」=15日

サウーデ文協=ジアデーマで運動会=「家族で一日楽しんで」=15日

ニッケイ新聞 2010年8月11日付け

 サウーデ文化体育協会(桂川富夫会長)は15日午前8時から、第40回家族慰安運動会をジアデーマ市の沖縄文化センター(Av. Sete de Setembro, 1670)で開催する。
 毎年500人ほどが訪れる恒例の運動会。競技には日語学校の生徒、陸上部、ラジオ体操部、老壮部らが主に競技に参加。来場者の参加も歓迎している。
 競技ごとに食料品を中心に学用品など多彩な景品が準備され、会場では母の会と文協婦人部が出店、弁当、焼きそばなどを販売する。
 案内のため鈴木清同文協副会長、日本語学校教師の竹下輝子さん、生徒の国吉アリネさん、宮城るりさん、小西りかさん、阿久津みきさん、小山みつあき君が来社。
 小山君は「リレーで、去年最下位だったけど、今年は1位をとれる」と自信を見せた。
 鈴木副会長は「今年は40回目。先輩方が続けてくれた日本文化を残していきたい」と話し「当日は家族で1日楽しく、賑やかに過ごしてほしい」と来場を呼び掛けた。

image_print

こちらの記事もどうぞ