ホーム | 日系社会ニュース | コミュニティ警察活動10周年=「日本式交番制度のおかげ」=軍警総司令官が貢献讃える=サンパウロ市の治安回復に=2000年からJICA協力

コミュニティ警察活動10周年=「日本式交番制度のおかげ」=軍警総司令官が貢献讃える=サンパウロ市の治安回復に=2000年からJICA協力

ニッケイ新聞 2007年10月5日付け

 サンパウロ州軍警のコミュニティ警察活動が今年、開始から十周年の節目を迎えたのを記念して、九月二十八日午前、サンパウロ市内の州軍警関連施設(SESCON―SP)で、同活動の発展に貢献した功労者の表彰式がおこなわれた。同表彰式にはアントニオ・ジニス州軍警察総司令官をはじめ、西林万寿夫在聖総領事や小林正博JICAブラジル事務所所長、石井孝JICA長期専門家(神奈川県警警視)らが出席。会場には州軍警察官など約三百人が参集し、節目の年を盛大に祝った。
 ブラジル国歌の斉唱ではじまった表彰式では、日本側からは西林総領事と石井専門家が記念のメダルを受章、ブラジル側ではブランダン州都警察司令官を筆頭に、四人の地域モデル交番長をふくめて約二十人が表彰を受けた。
 ジニス同司令官はあいさつで、「JICAの協力を得ながらこの十年でサンパウロのコミュニティ警察活動が発展したことは喜ばしい。特に日本式の交番制度の充実がサンパウロの治安回復につながったことは疑いない」と称えた。
 同州軍警は九七年からアメリカやカナダなどを参考に交番制度の導入をはじめた。現在、州内に二百六十八カ所の交番を設置している。〇〇年からはブラジルの警察官を日本へ派遣する研修制度をはじめた。〇五年からはJICAの技術協力を得て日本式の交番制度を定着させるプロジェクトを開始、これまで二十のモデル交番を設置している。
 また石井警視をはじめ、これまでJICAを通して日本から長期・短期をふくめて同制度の専門家、約十人がブラジルに赴任。それぞれがセミナーを開催するなどして、ブラジル国内での日本の交番制度の普及に務めている。
 サンパウロ市内にあるモデル交番のひとつ、プラッサ・ロータリー交番では、日本の交番と同じように地域住民への巡回連絡活動をおこなう。また掲示板・周辺地図を交番前に掲載しているほか、治安情報を載せた交番新聞なども発行している。
 また交番訪問者の記録表や巡回連絡説明書を統一の書式にして、情報の共有化を図るなどのアイディアも積極的に取り入れている。
 同表彰式のあと石井専門家は、「今後全伯の駐在所が日本式の交番制度を導入し、治安回復や犯罪防止につなげてくれれば嬉しい」と笑顔で話していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰2020年9月28日 【日本移民112周年記念】コロナ禍に立ち向かう日系社会の皆様へ=駐ブラジル日本国特命全権大使 山田彰  ブラジルへの日本人移住112周年を記念する「移民の日特別号」の発行をお慶び申し上げます。  日本とブラジルの緊密な友好関係の重要な礎となっているのが、ブラジルにおける日系社会という特別な人的な絆です。日本人移住者及び日系人の皆様は、移住後に大変なご苦労を経験されまし […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]