ホーム | 日系社会ニュース | ピアニストの矢崎愛さん=CD発売記念コンサート=20日

ピアニストの矢崎愛さん=CD発売記念コンサート=20日

ニッケイ新聞 2010年8月17日付け

 ソロ、グループで幅広い活動を続けるピアニストの矢崎愛さんが20日、ファーストアルバム発売記念コンサートを聖市文化センター(R. Vergueiro, 1000、サーラ・アドニラン・バルボーザ)で開く。同センターで定期的に行なわれる「Show ao Meio Dia」の一つで、昼の12時半から。入場無料。「昼休みにぜひ足を運んでほしい」と呼びかけている。
 99年からブラジルで音楽活動を行う矢崎さん。昨年7月に完成した同アルバムにはピアノ独奏曲3曲と他の楽器とのデュエット曲などを収録。交流のあるボサノバの生き証人ジョアン・ドナート氏が日本ツアーの際に作曲した未発表曲(録音時)「NAGOYA」、作曲家中村八大氏による「こんにちは赤ちゃん」なども収録されている。
 コンサートでは、草村芳哉(サックス)、アンドレ・ジュアレス(ビブラフォン)、エドゥ・マルタ(ベース)、カイト・マルコンデス(パーカッション)らメンバーと同アルバムの曲などを演奏する。
 CD完成と同じ月に娘が生まれたという矢崎さん。「どちらも1歳を迎え、今ようやく発売記念コンサートが開けることを嬉しく思っています」と語り、来場を呼びかけている。
 問い合わせは矢崎さん(11・9164・4620)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ