ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2010年8月18日付け

 公立、私立学校間で学力差が顕著になっており、公教育が議論されている。今月の伯字紙面では、今年公立高校からUSP(サンパウロ総合大学)への合格率が入試改革後で最低という暗いニュースが目立った。
 そんな折、13日付フォーリャ紙が取り上げたのは、聖州教育局が小学校の数学補習クラスで出席率が高い生徒に最大50レアルまで支給するというプロジェクト。来月開始を予定していた。
 学力向上を狙った施策だろうが、金銭で釣るやり方が真に学習意欲をもたらすだろうか? と疑問を投げかけていたら、やはり反対意見が多かったよう。週明けの紙面では、プロジェクトが先送りされたことが発表されていた。
 解決すべき教育問題は山積みなのに、それに立ち向かうべき公の教育機関の機能がこれでは―。なんだか、不安を残す一件に。(裕)

image_print

こちらの記事もどうぞ