ホーム | 日系社会ニュース | これからも母県と伯国の架け橋に=群馬県人会=創立65周年と州県提携30年=副知事、議長ら迎え盛大に祝う

これからも母県と伯国の架け橋に=群馬県人会=創立65周年と州県提携30年=副知事、議長ら迎え盛大に祝う

ニッケイ新聞 2010年8月27日付け

 在伯群馬県人文化協会(内山住勝会長)は22日、聖市内ホテルで同会創立65周年および群馬県・サンパウロ州姉妹提携30周年記念式典を開催し、各地から約250人の会員が集まり盛大に祝った。
 母県からは伯国友好親善使節団の茂原璋男副知事、関根圀男議長、群馬県海外移住家族会の福田初男副会長らが来伯。ブラジル側からは、聖州代表のキタ・ルイス軍警大佐、ウィリアン・ウー連邦下議、羽藤ジョージ聖市議、小林雅彦在聖首席領事、山下譲二文協副会長、菊地義治援協副会長らが出席した。
 内山会長は県人移住の歴史を振り返り、群馬県と伯国の深い繋がりを強調。「学術交流事業など母県の支援を受けて会は活性化してきた。これからも会員で一致団結し、両国の関係強化、伯国社会への貢献に努めていきたい」と力強く述べた。
 茂原副知事は「多くの困難を乗り越え伯国社会に溶け込み、確固たる信頼を築いた皆さんは我々群馬県人の誇り」と称え、「会は積極的な活動を行い着実に発展している。皆さんのおかげで聖州と姉妹提携を結び、密な関係を築いてこられた」と喜びを示した。
 関根議長は「会の皆さんは伯国とのかけがえのない架け橋。両国の友好促進への尽力に深く敬意を表し、今後とも支援をお願いしたい」と期待を込めた。福田副会長により登丸喜勇会長のメッセージも代読された。
 キタ大佐は「群馬県移住者は聖州民に日本の文化と伝統を普及させた。地球の反対側から聖州に大きな発展と名誉をもたらしてくれた」とアルベルト・ゴールドマン聖州知事のメッセージを代読した。
 群馬県より功労者の佐藤勝さん、小渕民雄さん、石原昌子さんと約60人の高齢者が表彰された。功労者代表の小渕さんが「日本を出発した時には想像出来なかった。日の出を見たような気持ち」と感謝を述べ、高齢者代表の野村次郎さん(84、太田市)は「今後も、研修制度などの交流を通し若い世代にも我々のルーツを知らせていきたい。文化を守りたい」と伝えた。
 婦人部の華やかなコーラスや空手、合気道のデモンストレーション、太鼓演奏が披露されたほか、群馬県のだんべい踊りに会場は盛り上がりを見せた。鏡開きで万歳三唱が行われ、歓談を交えた祝賀会が開かれた。
 初来伯の茂原副知事は、表彰の中で一人ひとりと握手を交わし、「ご苦労を重ね今の社会を作り上げた皆さんはいい顔をしている。高齢者の方も会で元気に活躍しているのを知り感動した」と語っていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ