ホーム | イベント情報 | 「ブラジルの大地に魅せられて」=画家小嶋勇さん個展=1日から

「ブラジルの大地に魅せられて」=画家小嶋勇さん個展=1日から

ニッケイ新聞 2010年8月31日付け

 画家の小嶋勇さん(71、福岡)が9月1日から30日までイタリア系美術館の「GALERIA Spazio Surreale」(R.Caconde,234)で個展「ブラジルの大地に魅せられて」を開く。入場無料。
 芸術の世界に50年以上身を置き、日本で毎年展覧会、ブラジルでもデコ画廊で10回以上個展を開く。現在は上海万博でも作品が展示されている。
 日系画廊以外では初の個展。今年1月、ローマ国際ビエンナールで優秀賞を受賞したこともあり、同会場で開催することとなった。
 会場では上空から見たブラジル各地の大地が抽象的に描かれた新作油絵30点ほどが並ぶ。「乾いた色彩。日本人独特、東洋的な間を取り入れたシンプルな絵を楽しんで」と呼びかけた。
 1日午後7時から開会式。展示は2日から30日まで土日を除き、午前10時から午後6時まで。終了後はサンパウロ州議会の展示室でも数を絞り、展示が行われる予定。
 このほか、8日から10月10日まで、マリンガ市主催により同市の「Sala de exposicao do Teatro Calil Haddad」(Av. Doutor Luiz Teixeira Mendes, 2500)で「地球」をテーマにした個展を同時開催する。こちらは旧作の展示を行っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ