ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2010年10月1日付け

 速達便Sedexの中味はイグアナ? 9月27日サンパウロ市内郵便局のX線検査で発見されたのは、速達便で箱詰めにされた小さな2匹のイグアナ。郵便局のマーク入りテープで手足を固定され、キョトンとした顔で写真に納まる2匹の姿は何ともかわいらしいが、野生動物を許可なく輸送するのは歴とした犯罪行為。警察は、2匹をベロ・オリゾンテまで郵送しようとした送り主を調べている。チエテ・エコロジー公園に保護された2匹は脱水症状を起こしていたというから可哀相だが、あんなにきれいに梱包したのは誰かも気がかり。
     ◎
 銀行員のストライキについては9月30日付本紙既報だが、気をつけなければならないのは電気代や水道代などの支払。銀行が閉まっていても支払期限は延期されないため、期日に遅れて罰金という事のない様注意を!
     ◎
 サンパウロ市の地下鉄2号線タマンドゥアテイ駅とヴィラ・プルデンテ駅が、9月30日から運行時間を延長。平日の9時~16時半のみだった試行運転が1週を通じて8時半~17時に変更されたもので、2駅間のみの利用者は無料。近郊都電(CPTM)やサコマン駅以降の2号線利用者は料金を払う必要がある。平日の4時40分~8時半、17時~21時運行のタマンドゥアテイ~サコマン間の乗り継ぎバス利用には、料金を払った事を証明するセーニャが必要。

image_print

こちらの記事もどうぞ