ホーム | 日系社会ニュース | 筝曲家 西陽子コンサート=琴の調べ『静寂と鼓動』=SP、カンポグランデで

筝曲家 西陽子コンサート=琴の調べ『静寂と鼓動』=SP、カンポグランデで

ニッケイ新聞 2010年10月1日付け

 日本国内外で活躍する筝曲家、西陽子さんによるサンパウロコンサート『静寂と鼓動』が8日午後6時半から、国際交流基金文化センター(Av. Paulista, 37 – 1o andar)で行われる。
 ブラジル日本研究者協会、国際交流基金サンパウロ文化センターの共催。入場無料。
 西さんは、東京藝術大学音楽学部邦楽科卒。沢井忠夫・沢井一恵の両氏に師事し、生田流箏曲を学ぶ。
 01年から西洋音楽の要素も取り入れた独創性の高い楽曲を発表するとともに国内外の音楽フェスティバルに参加、国際的にも高い評価を受けている。
 参加希望者は、交流基金にメール(info@fjsp.org.br)で申し込むか、電話(11・31410110)で問い合わせること。
 なお、南マットグロッソ州のカンポ・グランデ市でのコンサートは、セブライホール(Avenida Mato Grosso, 1661 – Centro)で9日午後7時半から。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]
  • ニッケイ俳壇(909)=富重久子 選2016年10月7日 ニッケイ俳壇(909)=富重久子 選 サンパウロ  林とみ代 指揮棒に合はぬ合唱百千鳥 【「合唱」、多くの人と声を揃えて歌うのは実に楽しく、またよい歌曲の合唱を聴くのも楽しいものである。 この句の様に、楽譜を見るのにとらわれて指揮棒に合わないということはよくある事。それにしても季語の「百千鳥」がユーモアも交えた […]
  • ニッケイ俳壇(901)=富重久子 選2016年8月11日 ニッケイ俳壇(901)=富重久子 選 セザリオ・ランジェ  井上人栄ときめきの心にも似て春を待つ【「春を待つ」丁度この頃の季節である。高階から外を眺めると、墓場の森など枯れ色が目立ち侘しい景色が目に入る。林立するビルの中庭や前庭の草木も枯れ色が目立ち、人の出入りもまばらで冬の様相をなしている。八月から春の季節で、「 […]