ホーム | 日系社会ニュース | オペラ歌手=73歳の田中氏驚異の高音=デビュー50周年ブラジル公演

オペラ歌手=73歳の田中氏驚異の高音=デビュー50周年ブラジル公演

ニッケイ新聞 2010年10月15日付け

 今年デビュー50周年を迎えた日本のテノール歌手の田中公道氏(73)が、9日にサンパウロ州カンピーナス市郊外のイタチーバ市で公演を行い、250人ほどが歌声に聞き入った。元大阪芸術大学大学院教授の田中氏は、世界の5大陸で445回の国際舞台を踏み、来伯公演も13回目を数える。
 日本ではほとんど知られていない当地のオペラ大作曲家カルロス・ゴメスを日本で初演するなどの日伯音楽交流にも貢献している。今年は田中氏の「オペラ歌手デビュー50周年テノールリサイタル73」を大阪、東京など日本国内12都市で開催しており、忙しい合間をぬっての来伯公演となった。
 8月21日にサンセバスチャン市で行われた慈善リサイタルを皮切りに10カ所以上で公演を重ね、9日にはイタチーバ市役所主催で同市立劇場でも行われた。
 当地の聴衆は日本と比較して、「情熱的です。オペラ『Turandot』の誰も寝てはならぬ!などを歌いますと、中ほどに合唱が歌う部分がありますが、その部分が客席から聞こえてくるという嬉しい現象が起こるなど、身近な感覚で聞いて頂けることが非常に嬉しいことです」とし、歌唱後の立席喝采も違うという。
 当国の魅力を尋ねると、「ブラジルは多民族国家でいろいろな人々が住み、私が理解できる範囲でどの言葉でも何とか住めることです。目を見張るほどの広大さと風光明媚な大自然があり、人々の大らかな魅力があります」という。
 イタチーバ公演に出演した坂野(ばんの)美恵子さんは、「経歴だけでも充分に驚きますが、歳をお聞きしてもっとビックリ。73歳でハイCの高音が出せる声楽家は、まずいません。惚れ惚れするような歌声です」と強調する。ハイCとは「高いド」の音のことで、テノール歌手ならではの限界的な超高音といわれ、ルチアーノ・パヴァロッティが「ハイCの王者」として有名だ。田中氏は毎年2カ月ほど滞在するので、「通算36カ月、ほぼ3年間になります」と坂野さん。
 会場に足を運んだ樋口四郎さんも「すごい歌声。カラオケやる人も一度見ておいた方がいい。呼吸法とかきっと参考になりますよ」と薦める。
 17日に第50回文協ドミンゴコンサートに出演した後も、20日にカンピーナス市の文学アカデミー、30日はインダイアツーバ市立劇場、11月3日にはサンジョセ・ドス・カンポス市のSESC講堂、6日のツッパン市公演を最後に、8日に帰国する予定。ドミンゴコンサートでは1キロの保存の効く食料品の持参を呼びかけているが、それ以外はすべて入場無料。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]
  • ■今週末の催し2018年8月2日 ■今週末の催し  4日(土曜日)  青葉祭り、午前7時、宮城県人会(Rua Fagundes, 152, Liberdade)      ◎  サンパウロ倫理法人会モーニンセミナー、午前8時半ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425, […]
  • ブラジル日本民謡協会50周年記念公演=豪華な慶祝団14人が来伯=大功労者 佐々木名人位「今回最後かも」2017年7月18日 ブラジル日本民謡協会50周年記念公演=豪華な慶祝団14人が来伯=大功労者 佐々木名人位「今回最後かも」  創立50周年を迎えたブラジル日本民謡協会(塩野彰会長)主催による「慶祝日本民謡親善公式訪問団ブラジル公演」が、16日午前9時からブラジル日本文化福祉協会大講堂(R. Sao Joaquim, […]
  • ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選2016年10月27日 ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎信濃村のポルトガル人煙草干す鳩車に似て葦舟や湖は春アリアンサの鳳梨も供え念腹忌睦みつつ濁流越えて行きし蝶富士の絵の額の後に守宮棲む […]
  • ニッケイ俳壇(911)=富重久子 選2016年10月20日 ニッケイ俳壇(911)=富重久子 選 スザノ           畠山てるえ 薪を焚く観光列車竹の秋 吐く煙後へ後へと花マナカ マリアフマッサ老幼嬉々と山笑ふ 列車行く町に郊外黄イッペー 浮雲の空にひと掃き竹の秋 【「薪を焚く」観光列車があるとは聴いているが、残念ながらまだ乗ったことは無い。昔窓を開ける […]