fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 混沌とした刑務所体制=超満員で溢れる受刑者=定員40人の所に170人も

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年5月14日 特別寄稿=もうじき1日の死者1千人台か=どっちへ行くのか、我らのブラジル=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  毎日青い空が見えて気温も快適、例年ならば「良い陽気になりましたね」と挨拶するところですが、今年はいけません。コロナウイルスのお蔭で一般庶民は「家庭内蟄居」です。  ニッケイ新聞も配送が始まり、これでQUARENTENA自粛も終わりかと思っていたら、何が何が、商店閉鎖 […]
  • イベント情報2013年11月30日 イベント情報 ニッケイ新聞 2013年11月30日 【11/30〜12/6のサンパウロ州チームのサッカー】 ブラジル選手権(Brasileirao) 11/30(土) ・コリンチャンス対インテルナシオナル(会場:パカエンブー・スタジアム) […]
  • 静寂の中で熱戦繰り広げ=レジストロで国際チェス大会2013年9月28日 静寂の中で熱戦繰り広げ=レジストロで国際チェス大会 ニッケイ新聞 2013年9月7日  イグアッペ、レジストロ、セッテ・バラス日本開拓移民百周年の記念行事の一つとして、7月30日から8月3日までの5日間、レジストロのマリオ・コーヴァス体育館で国際チェス大会が開催された。主催はレジストロ市役所、後援は百周年祭実行委員会並びにレジス […]
  • ブラジル初のダウン症教師=デボラ・セアブラさん=「普通の教育受けられる」=国内外で啓発、講演活動も2013年8月31日 ブラジル初のダウン症教師=デボラ・セアブラさん=「普通の教育受けられる」=国内外で啓発、講演活動も ニッケイ新聞 2013年8月6日  ブラジルで初めてダウン症を乗り越えて教師となったデボラ・セアブラさん(32)に注目が集まっている。筋力をつけるためのトレーニングや演劇の練習では健常者と同じプログラムをこなし、北東部リオ・グランデ・ド・ノルテ州州都ナタルの私立学校生徒とも、生 […]
  • キャプテン・ナシメント米国へ出動?!=Wモウラがハリウッド映画進出2013年8月31日 キャプテン・ナシメント米国へ出動?!=Wモウラがハリウッド映画進出 ニッケイ新聞 2013年8月28日  ヴァギネル・モウラは「現在のブラジルで最高の俳優」とも評されることもある存在だ。ブラジル史上最大のヒット映画となった『トロッパ・ダ・エリッチ』の主役キャプテン・ナシメント役で名声を得た彼は最新出演作『エリシウム』(ブラジル公開・9月20日) […]