ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年10月19日付け

 年6回開催されるイタチーバ文協婦人会の焼きそば会。売り上げの2回分を文協のカラオケ大会、運動会の資金に寄付し、3回を婦人会と文協青年部、日本語学校、柔道部、ゲートボール部で分ける。婦人会が全額貰うのは1回だけ。それらの資金で婦人会の親睦旅行費、さらには同市の孤児施設や、2007年のサンタカタリーナ州の水害被害への寄付も捻出したという。文協50年の歩みも婦人たちの存在なしには語れない。
     ◎
 ブラジル日本語センターのふれあい日本の旅の報告には、秋篠宮邸でブレイクダンスにサンバ?!とびっくりするかもしれないが、それは同旅行で恒例となる秋篠宮ご一家の訪問で、生徒たちの趣味をお聞きになった紀子さまからの突然のご要望だったそう。秋篠宮邸側は予想外の事に戸惑ったものの、紀子さまが「殿下にお尋ねしてみます」と自ら聞きに行かれたという。ブレイクダンスを披露した執行裕介君(17、三世)と城間盛俊君(17、二世)は「緊張したけど喜んでもらえた」と満面の笑み。家族への一番のお土産話になったのでは?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年12月27日 大耳小耳  25日付け時事通信によると、同日に安倍晋三首相と上川陽子法相が日系四世向けに日本で就労するための新在留制度を導入する方針を固めた。来年1月にパブリックコメントを実施し、年度内の導入を目指す。対象年齢は18~30歳、「特定活動」の在留資格で最長5年の滞在を認めることを軸に検討を […]
  • 大耳小耳2017年2月10日 大耳小耳  青森県弘前市とブラジル視覚障害者スポーツ連盟は、先月31日、20年東京五輪・パラリンピックの際に、ブラジルの障害者柔道チームの事前合宿を行うための協議を始める覚書に調印した。弘前市は、ブラジルに柔術を広めた故・前田光世(コンデ・コマ)の出身地。その縁から、同市が働きかけて実現 […]
  • 大耳小耳2017年7月1日 大耳小耳  日本のニュースサイトによると、静岡県浜松市でブラジル五輪チームの合宿が行われる予定だ。今月8~12日にもブラジルの柔道代表選手が合宿をしたとのこと。ほかにも、浜松市は水泳、バレーボール、卓球の事前合宿を誘致しているとか。浜松にゆかりのあるブラジル人選手といえば、柔道家のダニエ […]
  • 大耳小耳2016年8月23日 大耳小耳  ブラジルでも人気を博している『ポケモンGO』。今月3日に解禁されてから、東洋街でもスマートフォンを片手に道端で立ち止まりモンスターを捕まえたり、夜遅くまでうろうろしている若者の姿も。今週末開かれたポルト・アレグレ日本祭りでは7万人近い来場者がアニメに熱中し、近郊のカショエリー […]
  • 大耳小耳2016年12月14日 大耳小耳  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長が、先月末交通事故に合い現在自宅で療養中という。なんでもマイリポランの別荘からの帰り、車が横転し腰を痛めたとか。そのため、東洋街で先日開催された東洋祭りでは、48年の歴史のなかで唯一欠席した。ブラジル人政治家からも「リベルダー […]