ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年11月12日付け

 沖縄県人会が初めて実施したカジマヤー祝いの集い。一回目の今年は97歳以上全員だったが、来年からはその年に数えで97歳になる人を対象に毎年続けていくという。該当者が31人もいるというのは、さすが長寿県の沖縄。うち男性は8人で、やはり女性の方が長生きのよう。104歳で元気に出席した前田セイさんは、久しぶりの会館訪問で会った県人会関係者に、「年取ったねえ。私は年とらんよ」と話し、〃若者〃の役員らも苦笑い。
    ◎
 全国高校サッカー選手権の山形県大会決勝が7日に同県天童市で行なわれ、羽黒高校が優勝、3年ぶり4度目の全国大会出場を決めた。コーチのジェロニモ氏はじめ、ブラジルからの留学生も活躍、08年1月の移民百周年記念サッカー大会では同校から遠征チームが来伯するなど、当国とゆかりの深い学校だ。当時の遠征メンバーはすでに卒業しているが、日本の報道によれば、決勝戦で勝ち越しのゴールを決めたブラジル人留学生は監督がブラジル遠征した際にジーコ・サッカースクールから誘われた少年だという。百周年の時に訪日が決まったのかと想像し、あれからもう3年経つのかと実感。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 2015年6月4日 第59回パウリスタ・スポーツ賞=6月1日にサンパウロ市議会で授賞式=特別賞3人含め総勢21人=多彩な競技者、功労者表彰  ニッケイ新聞が主催する「第59回パウリスタ・スポーツ賞」が6月1日午後7時からサンパウロ市議会の貴賓室で行われる。現役で活躍中の選手や引退後の指導者、審判など、競技者だけでなくその振興や普及に尽力した功労者を表彰する。今年は「特別賞」3人を含む、総勢21人が受賞をする。例 […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • ■樹海拡大版■150年祭への切り札=日語学校は「青い鳥」2011年1月1日 ■樹海拡大版■150年祭への切り札=日語学校は「青い鳥」 特集 2010年新年号 ニッケイ新聞 2011年1月1日付け  「チルチルミチルの青い鳥」の話を挙げるまでもなく、本当に必要なものはすでに手元にあるのかもしれない。 […]