ホーム | 日系社会ニュース | 国籍復活手続きの簡素化を=法務大臣に再度陳情書

国籍復活手続きの簡素化を=法務大臣に再度陳情書

ニッケイ新聞 2010年10月30日付け

 ブラジルに帰化したものの、日本国籍の復活を求めている人たちでつくる「ブラジル在住日系人国籍復活推進委員会」の羽田宗義代表、井料堅治、石井久順の各氏らが18日、柳田稔法務大臣宛の陳情書を在サンパウロ日本国総領事館の小林雅彦首席領事に手渡し、「しっかり伝える」との言葉を受け取ったという。
 同委員会の運動により約2800人の署名が集まった。現在ブラジルには、ほぼ同数の帰化日本人がいると見られている。
 主に農業移住者であった一世らが帰化したのは当時、外国人の土地購入に制限があったため。取得した地権を担保に銀行から融資を受けることもあり、多くが〃便宜上〃ブラジル国籍者となった。
 その後、日本に渡航するさい、手続き上、日本国籍離脱届けを出さなければ、ヴィザが発行されないため、已む無く署名した経緯がある。書類上は、「本人の申し出により」となっている。
 現行の法律では、国籍の復活手続きは、日本国内に数カ月滞在する必要がある。
 「現実的に無理。在外公館があるのだから、ブラジルでもできるよう手続きを簡素化する法整備を進めてもらいたい」と羽田代表は力を込める。
 続けて、「参議院議長として07年に来伯した扇千景議員(当時)に手渡した。『帰国後、十分検討のうえ、返事を差し上げる』と言われたが、一切連絡はない」と場当たり的な対応に表情を曇らせる。
 同委員会は、08年に麻生太郎衆議(当時日伯議連会長)、今年3月には千葉景子法務大臣(当時)にも請願書を送っている。
 井料氏は、「大臣がコロコロ代わるなど、日本の政局を見ているとそれどころじゃないというのは分かるけど…」と苦笑いする。
 近々訪日する石井氏は、日本の政治家にも呼びかけるという。「私自身コチア産組の拓殖係長として数百人の帰化手続きを行った責任がある。そもそも、この問題がほとんど知られていないのも問題」と話している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]
  • 憩の園=ユーチューブで感謝ライブ開催=デリバリーで日本食販売も2020年8月7日 憩の園=ユーチューブで感謝ライブ開催=デリバリーで日本食販売も  救済会(吉岡黎明会長)が運営する日系高齢者福祉団体「憩の園」は、16日にオンラインで「憩の園感謝ライブ」、15日と16日に「憩の園日本食デリバリー」を行う。吉岡会長は「憩の園はこのコロナ禍でも、多くの方に寄付や支援をいただいたおかげで、本当に助かっています。今回のイベ […]