ホーム | 日系社会ニュース | リオ総領事館=ヴィトリア慈善病院に草の根=医療設備の整備計画が完了

リオ総領事館=ヴィトリア慈善病院に草の根=医療設備の整備計画が完了

オンライン供与式の様子

オンライン供与式の様子

 在リオ・デ・ジャネイロ日本国総領事館(橋場健総領事)は7月12日、日本政府が草の根・人間の安全保障無償資金協力により支援したヴィトリア慈善病院の産婦人科センター医療設備整備計画完了に際しオンライン供与式を実施した。
 本整備計画は、同地域の新生児医療の改善や地域医療サービス向上への寄与を目的として、2019年10月18日に同病院との間で贈与契約書が結ばれたもの。
 支援により小児科治療に必要な機材一式(黄疸用光線療法機器4台、光線療法機器付新生児用ベッド4台、小児用加熱ベッド3台、新生児黄疸計測器1台及びマルチパラメータモニター1台)が整備された。
 供与式には、橋場総領事、ヴィトリア慈善病院のジルソン・アモリン事務局長、ロザニ・デ・モラエス・ カイアード婦人科技師、ジョゼ・モレイラ・ブガーロ婦人科事務局長、アンドレア・ルーベ・アントネス・ チアゴ新生児学部教授が出席し、和やかな雰囲気で行われた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2003年3月21日 コラム オーリャ!  戦後移住五十周年記念祭委員会(中沢宏一会長)の事務局長席は依然空いたままだ。  現在、人文研の事務局員に収まっている松平和也氏が二月七日付けで退任してから、委員会関係者は各方面に募集を呼びかけてきた。 […]
  • 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”2019年5月14日 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”  ロスの全米日系人博物館で「大戦期、強制収容所に入れられた一世の7割が忠誠心調査でNoNoだった」というガイドの話を聞き、これは「アメリカ版の踏絵だ」と痛感した。  1943年初頭にアメリカ政府の戦時転居当局が実施した、17歳以上の強制収容者に対するアメリカへの忠誠心 […]
  • 大耳小耳2012年11月8日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2012年11月8日付け […]
  • 席題「運」全伯川柳=追悼法要、功労者表彰も2003年10月29日 席題「運」全伯川柳=追悼法要、功労者表彰も 10月29日(水) […]
  • 鳥取県から訪問団が来伯=入植85年式典に出席=「今後も交流継続を」2011年7月30日 鳥取県から訪問団が来伯=入植85年式典に出席=「今後も交流継続を」 ニッケイ新聞 2011年7月30日付け  【既報関連】ミランドポリス市の第二アリアンサ鳥取村で23日にあった「入植85周年記念式典」に出席した鳥取県訪問団一行が鳥取県人会の本橋幹久会長、末永正副会長とともに25日、本紙を訪れた。 […]