ホーム | 日系社会ニュース | アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=フィリピン編<1>

アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=フィリピン編<1>

(左から)マリリンさんとアンさん

(左から)マリリンさんとアンさん

 「既に多くの日本人のお客様たちにもご来店いただいております」と語るのは、3年前にリベルダーデ地区にタイ料理店THAI E-SAN1号店(Rua Barão de Iguape,446)をオープンしたフィリピン人のマリリン・キパオさん(Marilyn Quipao、46歳、マスバテ生まれ)。
 それまでブラジルではなかなか味わえなかった本格的なタイ料理の数々で瞬く間に人気店となり、既に日本人で同店の存在を知る人も少なくない。8月27日には同じ通りで2号店(Rua Barão de Iguape,373)もオープンし、リベルダーデ地区周辺に暮らすタイ人やフィリピン人はもちろん、アジア出身の人々の常連客も多い。
 マリリンさんは2010年に、パトロンであるヨーロッパ人とフィリピン人の夫婦と一緒にブラジルに渡った。若い頃からタイやマレーシアでお手伝いさんや飲食店の仕事に携わり、ヨーロッパにあるいくつかの総領事館でも料理人を務めてきた。そのため、タイ料理にもしっかりと味に覚えがある。
 ブラジルに来て最初はお手伝いさんの仕事に行ったが、報酬の悪さから短期間で辞めた。中国人経営のタイ料理店やお菓子店で働いて開業資金をため、レストランを起業するノウハウを学んだ。

タイ料理店THAI E-SAN2号店

タイ料理店THAI E-SAN2号店

 「自己資金で小さくスタートするのがモットーです」。ピリ辛なスパイス感とハーブづかい、ナンプラー独特のうまみが、グルメの人々にも好評を得て、ビジネスチャンスを狙う複数の人々から何度もソシオ(共同経営)の依頼を受けたが、すべて断ってきた。
 コロナ禍で2号店のオープンは予定より大幅に送れることになったが、新店舗を任せるために今年1月には息子(26歳)をフィリピンから呼び寄せ、マリリンさんのパートナーであるシェフマスターのタイ人とともに家族経営でコロナ禍の難局を乗り越えている。

助け合うフィリピン人女性たち

 「マリリンさんは私がブラジルに来たばかりで困っていた時、助けてくれた恩人です」と、今日まで温かい交流を続けているのが、フィリピン人のアン・アラードさん(51歳、サンマリアーノ生まれ)だ。フィリピン人コミュニティーの憩いの場でもある同レストランで、ブラジルに来て1カ月後の2018年9月、新しい就職先と住居が見つかるまでの1カ月間、皿洗い兼ウェイトレスとして働いていた。

タイ料理店THAI E-SANの料理

タイ料理店THAI E-SANの料理

 マリリンさんは、アンさんが資格を持つマッサージ師であることを知り、リベルダーデ地区のガルボン・ブエノ街にある台湾人と日本人の夫婦が経営するマッサージ店を紹介した。アンさんはその店で仕事を始めたが、直後にオーナーが変わり、18年11月からアクリマソンで韓国人オーナーが経営する『スパ・アクリマソン(Spa Aclimaçao)』(Rua Esmeralda 149, Aclimaçao)で働くようになった。
 専門は妊婦・マタニティーマッサージ、リンパマッサージ、アロマセラピーで、他にも指圧、鍼灸、タイ式マッサージも行う。
 「代替医療とウェルネスが最も私が情熱を傾けることのできる分野です。私はマッサージ治療が大好きです」と笑顔のアンさんは、ブラジルに来るまでにはアジア各国で働いた経験がある。(つづく)

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サンパウロ州全体が最悪レベルに=全国で過去最悪記録を連日更新=24時間の死者1726人2021年3月4日 《ブラジル》サンパウロ州全体が最悪レベルに=全国で過去最悪記録を連日更新=24時間の死者1726人  サンパウロ州は2日の死者が過去最多の468人増え、累計も6万14人となった。一般病室も含めた入院患者が1万6千人を超え、UTI占有率が75・3%となった。  同州は3日に規制を強化し、6~19日の14日間は全州を赤レベルとすると発表した。ただ、親が医療従事者である場 […]
  • 東西南北2021年3月4日 東西南北  ボルソナロ大統領が、イスラエルで癌治療用に開発され、「コロナにも効く」と噂される鼻から吸引のスプレーに興味を抱き、6日にエルネスト・アラウージョ外相らを派遣し、ブラジルでの第3段階の治験を行うための交渉を行わせる。人口約900万人とサンパウロ市よりも少ないイスラエルでは、ワク […]
  • 《記者コラム》違いを超え、互いの命を守るべき時2021年3月4日 《記者コラム》違いを超え、互いの命を守るべき時  暗いニュースは書きたくないし、読みたくない。だが、実態を知らなくては戦えない。最悪の状況だからこそ、何が起きているかを知らなければならないと思う。  米国大統領選最終日、マスクも着けないトランプ氏をマスク不着用で迎えた熱狂的な支援者を見て、感染者や死者が増えると考え […]
  • 《ブラジル》今が最悪期「今後2週間は戦争」=医療崩壊の危機が全国に急拡大=変異株の感染力は倍以上か2021年3月3日 《ブラジル》今が最悪期「今後2週間は戦争」=医療崩壊の危機が全国に急拡大=変異株の感染力は倍以上か  新型コロナの感染再燃が加速化し、専門家が「今後2週間は戦争」「最も悲しい3月となる」と表現する事態に直面している。  全国保健局長審議会(Conass)が1日、全国一律の夜間外出禁止措置をとる事と、集中治療室(UTI)の占有率が85%を超えたら即座にロックダウンを宣 […]
  • 《ブラジル》大統領がCOVAX参加を承認=求められるワクチンの多様化2021年3月3日 《ブラジル》大統領がCOVAX参加を承認=求められるワクチンの多様化  ボルソナロ大統領は2日、世界保健機関(WHO)が推進している新型コロナウイルスに対するワクチン供給計画の「COVAXファシリティ」に参加し、同計画が供給するワクチンは国家衛生監督庁(ANVISA)の緊急使用許可や正式登録許可を得ていなくても購入できるとする法案を裁可し […]