ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 米国のワシントン・ポスト紙によると、現在、全米で起こっている黒人に対する人種差別に反対するデモに、同国民の74%が賛成しているという。トランプ大統領所属で保守派の共和党支持者も、「53%対47%」で賛成が上回っている。トランプ大統領は破壊行為参加者を「テロリスト」と呼んで非難しているが、それに賛成する国民は10%のみ。66%は「心ない人が無責任に騒いだだけ」で、デモそのものが悪いわけではないと見ている。これは、同様の反ファシズムデモに直面しているボウソナロ大統領には耳の痛い結果では。少なくとも、デモ参加者を「テロリスト」呼ばわりする理論は通じなさそうだ。
     ◎
 ブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長は7日、70日ぶりに自宅に戻ったとインスタグラムで発表した。同市長は癌の治療を受けているが、その最中にコロナウイルスによる外出自粛令がはじまり、自宅に戻らず、市庁舎での隔離生活を70日間続けていたという。同市長は「サンパウロ市の規制緩和レベル(5段階)が、現在のレベル2からレベル1に悪化したら市庁舎に戻る」とも宣言しているが、そうならないことを祈りたいところだ。
     ◎
 昨日付本欄でも報じたように、8日よりサンパウロ市内のバスの本数が補強された。市としては、感染拡大抑制のため、「椅子席に座れる人数だけで運行」させるつもりだったが、始発駅から満員のバスさえすでに見られているという。それはとりわけ、セントロ方面のバスに目立つとか。満員では、コロナ対策としては逆効果なので、市としては更なる対策が必要なところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年7月9日 東西南北  6日からの外出自粛の規制緩和で、サンパウロ市では飲食店だけでなく美容院も再開した。外出自粛期間中、セルフカットが流行していたが、誰にでもできることではないので、伸び切った髪をなんとかしたい人は少なくない。再開した美容院に関する報道も行われているが、美容師は視界が限られるフェイ […]
  • 東西南北2020年7月7日 東西南北  本紙でも報じているように、昨日6日からサンパウロ市でバー、レストラン、美容院、ジムが再開された。外出自粛の規制緩和の「レベル2」の段階では、場所によって混むところもあったが、人々の警戒心が強いのと、そこまで大きな緩和でなかったため、時間さえ選べば、さして混雑する印象ではなかっ […]
  • 東西南北2020年7月8日 東西南北  ここのところ連日報じていたように、6日にサンパウロ市でバー、レストラン、美容院が再開された。心配されたのは、開放感と共に人が殺到しないかということだった。だが7日付アゴラ紙の報道だと、再開しても閑散とした状態のバールの写真を写していた。ショッピング・センターのレストラン・エリ […]
  • 東西南北2020年7月3日 東西南北  6月30日、ボウソナロ大統領は大統領官邸で、飼い犬の返還式を行なった。大統領一家は6月18日、自身のインスタグラムで「新しい家族ができた」として、アウグストと名付けられた犬を紹介していた。これはミシェレ大統領夫人が官邸近くで拾ってきた迷い犬だった。その後、ナジブ・ザイダンさん […]
  • 東西南北2020年7月4日 東西南北  ボウソナロ大統領は3日、同日付の連邦政府の官報で、ショッピング・センターなどの商業施設や教会、バスやタクシーなどの公共の交通機関でマスク着用を義務付ける法案に対して拒否権を発動した。先日、大統領本人が、連邦直轄区の連邦裁判所からマスクの着用の義務付けと違反の場合の罰金支払いを […]