ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2010年11月6日付け

 今回の選挙でジウマ・ロウセフ氏が次期大統領に選ばれた事で、俄然拍車がかかりそうなのが高速鉄道建設。「経済活性化計画(PAC)の母」と呼ばれた同氏は3日の記者会見でも「高速鉄道不要論なんてとんでもない」と発言したが、ジェラウド・アウキミン次期サンパウロ州知事は、連邦政府やジウマ氏に同鉄道のルート変更を申し入れる意向と5日付エスタード紙。リオ市とサンパウロ市、カンピーナス市を結ぶ同鉄道は、クンビッカ空港を通過する予定だが、同空港には高速鉄道を乗入れさせないよう求めるという。この要求が通ったら、ゴールドマン現サンパウロ州知事が発表したクンビッカ~サンパウロ市間の鉄道建設中止報告も覆す必要が出てくるが、最終判断は誰の手に?
     ◎
 統一選挙で最高得票数と記録したチリリッカの識字能力判定は11日と選挙裁判所が発表。130万票を得て当選した同氏の行方は、同氏の得票のおかげで当選した他の候補や繰上げ当選の可能性のある候補にも気になるが、決選投票の棄権率21・5%の数字とチリリッカの高得票は有権者からの現状批判の声との言葉も傾聴に値する。
     ◎
 4日午後、キューバのサンチアゴからハバナに向かう飛行機が墜落炎上し、乗客、乗員68人は全員死亡。被害者の大半はキューバ人だが、アルゼンチンなどのラ米や欧州出身者の他、日本人1人も搭乗していた様だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • 東西南北2018年10月5日 東西南北  選挙直前になって連日のように世論調査の結果が発表されている。既に本面でも書いているように、ボルソナロ氏とハダジ氏の2人を軸にした展開で、少し前まではそこまで差がなかった、ジェラウド・アウキミン氏、シロ・ゴメス氏、マリーナ・シウヴァ氏は苦しい展開に。もっともこの3人、ネット上の […]
  • 《ブラジル》自動車産業=ベンツなど、各社が続々と投資計画発表=向こう5年で150億レアル規模=雇用が促進されるかは疑問2017年10月11日 《ブラジル》自動車産業=ベンツなど、各社が続々と投資計画発表=向こう5年で150億レアル規模=雇用が促進されるかは疑問  メルセデス・ベンツ社は9日、ブラジル国内のトラックやバスの生産工場に24億レアル規模の投資を行うことを発表したと、10日付現地各紙が報じた。 […]
  • レジストロ「国際女性の日」=文協体操部も一緒に祝う2014年3月26日 レジストロ「国際女性の日」=文協体操部も一緒に祝う ニッケイ新聞 2014年3月26日 8日の「国際女性の日」を記念して、レジストロ市役所は前日の7日午後4時から7時まで、街の中央のエスペジシオナーリオス広場で、それを祝う催しを挙行し、賑わった。 世界中で女性の活躍が目覚しく、国の最高権力者である大統領、首相の地位についている […]
  • 物流インフラ=ブラジルのランクは65位=一昨年より20番下がる2014年3月22日 物流インフラ=ブラジルのランクは65位=一昨年より20番下がる ニッケイ新聞 2014年3月22日 世界銀行が20日に発表した物流インフラのランキングで、ブラジルは一昨年より20番低い65位となったと21日付エスタード紙が報じた。 同ランキングは世界160カ国の物流の効率性を比較したもので、今回は、07年、10年、12年に次ぐ4度目だ。 […]