ホーム | 日系社会ニュース | 第40回山本喜誉司賞=香林、結城、瀬良3氏に=故広本ダリオ氏に感謝状=授賞式は文協で26日

第40回山本喜誉司賞=香林、結城、瀬良3氏に=故広本ダリオ氏に感謝状=授賞式は文協で26日

ニッケイ新聞 2010年11月6日付け

 農業分野に貢献した日系人に送られる「山本喜誉司賞」の受賞者が発表された。同賞選考委員会(高橋一水委員長)の厳正な選考により、香林昭司(グァラサイ)、瀬良積(ロンドリーナ)、結城篤志(カンピーナス)の3氏が選ばれた。麻州の大豆、綿生産に寄与した広本ダリオ氏(故人)に感謝状が贈られる。授賞式は26日午後7時から、文協貴賓室で開かれる。

【香林昭司】
 1940年サンパウロ州グアラサイ生まれ。長年アバカシー栽培を営むと共に、グアラサイ・アバカシー生産者協会を創立した。
 生産者の研修会でスムース・カイエン種と独自の技術を周辺農家に普及させ、地域産業として確立させる。現在、同地の生産量は、サンパウロ州の7割を占め、カピタル・ド・アバカシーと呼ばれる。
 グアラサイ農村シンジケート、グアラサイ、フォルモーザ両日本人会会長、またグアラサイ・アバカシー協会、サンタ・カーザ病院の会長職を歴任した。
 イタリア、ドイツ、沖縄を視察し、輸出の道を開くため、日夜努力を重ねている。
【瀬良積】
 パラナ州生まれ。パラナ連邦大学、ルイス・デ・ケイロス農大卒。植物の品種改良で博士号。
 01年には農務省の農業生物資源研究所放射線育種場で、植物の突然変異による品種改良を研究した。
 現在住むロンドリーナ市では、パラナ農業試験場(IAPAR)の専門農業技師としてコーヒーの品種改良に取り組むと共に、ロンドリーナ総合大学で教鞭を取る。
 09年にはパラナ州良質コーヒー生産者として表彰された。
 最も大きな貢献として、コーヒーのサビ病、炭素病、立ち枯れ病(ネクローゼ)、線虫に対する13種類の抵抗性品種を作り、国内に普及させたことが挙げられる。
【結城篤志】
 71年にルイス・デ・ケイロス農大を卒業、同大で修士、博士号。
 85年、JICA研修で神戸大学に学ぶ。サンパウロ州カンピーナス市に在住し、カンピーナス農業試験場(IAC)の研究員を務めた。
 専門は作物病理学。ビールスに対する研究ではブラジルの第一人者とされる。
 アブラムシが媒介するビールス病の研究、最初に穂木に温度処理をし、レモン・タイチーのビールス・フリー苗の作成に成功する。
 この技術は他の柑橘類にも応用され、改良されながら、スイカ、メロン、アルファッセ、マラクジャ栽培に貢献する。
 最近では、花卉類にも応用され、温度処理と細胞分裂組織の併用による紫陽花のビールス・フリー株を作り出し、汎ヅットラ花卉生産者協会(AFLORD)の生産者に大いに貢献する。

故広本氏に感謝も

 広本実ダーリオ氏は、63年パラナ州生まれ。ルイス・デ・ケイロス農大を卒業、遺伝学と栽培技術改良で博士号。
 その後、マット・グロッソ州ロンドノーポリス市のブラジル農牧研究公社の大豆部門で約10年間勤務する。
 93年には、マット・グロッソ州とセラード地帯における大豆栽培の将来性を予見し、23人の生産者と共にマット・グロッソ農牧研究支援財団を創立する。
 同財団では、遺伝子組み換えによる土地に適した病気や線虫に強い品種や除草剤(Glifosato)の抵抗性品種、茎のカンクロ耐病性の品種に貢献した。
 綿作でも主要な病気の耐性品種を遺伝子組み換えにより創出し、マット・グロッソ綿作栽培の主要品種となる。
 09年に46才で亡くなった際、マット・グロッソ州知事から感謝の言葉が贈られている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 百周年を記念してBR―369沿いに建設された大鳥居2015年7月7日 「日本人なくして北パラナの開拓なし」=州入植百周を盛大に祝う=前線基地だったカンバラ  パラナ日伯文化連合会(折笠リカルド力己知会長)が主催してパラナ州日本人入植百周年記念式典が13日にカンバラ市に約150人の日系団体代表が集まり、続いて翌週20日には慰霊祭がローランジャ市日本移民センターで盛大に挙行された。カンバラは北パラナの玄関口として、また〃足場〃とし […]
  • 『カルモ』はサンパウロ市内にある公園。この公園に日本人移民が桜を植樹し、今では季節になると見事な花が咲き、桜まつりも行われる。2015年6月29日 ニッケイ歌壇 (491)=上妻博彦 選       サンパウロ      梅崎 嘉明 高千穂に八紘一宇の塔たつと聞きし日ありきいまはまぼろし軍籍は持てど戦爭を知らぬ父日本は敗けぬと言いつつ逝けり大本営のラジオを聴きし友人は馳せきて日本の大勝を告ぐ飛行機を搭載可能の潜水艦建造せしとか戦わず消ゆ黄金藤の花過ぎ葉陰に […]
  • 『セラード』はおもに幹の曲がったまばらな灌木とイネ科植物を主とする低木をまじえた草原。(1991年8月出版 農業総合雑誌アグロナッセンテ57号より)2015年5月23日 ニッケイ俳壇(839)=富重久子 選    サンパウロ         串間いつえ 身に入むや故人となりし事知らず【「身に入む」は、秋も深まって寒さが身に入むと言うことと、また身内に深く感じ主観のこもった意味あいもある「深秋の季題」である。 最近俳誌の中に名前のない人がいて、それとなく病気であることを聞いては […]
  • 明治神宮秋の大祭で特選=「農道に二十瓲車の連なりて穀倉地帯は豊の秋なる」(筒井惇)=3千以上から選ばれる2013年11月30日 明治神宮秋の大祭で特選=「農道に二十瓲車の連なりて穀倉地帯は豊の秋なる」(筒井惇)=3千以上から選ばれる ニッケイ新聞 2013年11月23日  明治神宮が秋の大祭を奉祝して先月20日に開催した『第129回明治神宮献詠短歌大会』に小池みさ子ブラジル委員が出席し、大会結果を持ち帰った。3千以上もの応募作品から選ばれる10の特選に、筒井惇さん(78、三重)=サンタ・カタリーナ州ジョイン […]
  • 山本喜誉司賞決まる=岡島、新宅ら4氏に=農業分野の貢献讃え2013年10月22日 山本喜誉司賞決まる=岡島、新宅ら4氏に=農業分野の貢献讃え ニッケイ新聞 2013年10月22日  農業分野における貢献者を称える山本喜誉司賞の第43回受賞者が決定した。二つ以上の団体から推薦を受けた人が対象となり、今回は17人の中から4人が選考された。11月8日午後7時から、文協ビル貴賓室(Rua Sao […]