ホーム | 日系社会ニュース | 文協にっけい文芸賞=日ポ語、まんがで9作品=授賞式は27日、文協で

文協にっけい文芸賞=日ポ語、まんがで9作品=授賞式は27日、文協で

ニッケイ新聞 2010年11月17日付け

 ブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)主催の『第40回にっけい文芸賞』(にっけい文芸委員会=浜照夫委員長)の選考結果が発表された。
 授賞式は27日午後1時から、文協貴賓室で行なわれる。また、発行者としてブラジル文芸に寄与した故マサオ・オオノ氏への表彰状がマジョリー夫人に伝達される。 浜委員長は、「カクテルもあるので文芸に関心のある方はご参加ください」と呼びかけている。
【日本語部門】
 散文賞(佳作)
 「ブラジルに来て45年」吉田俊一著
 「南の花」中野義雄著
韻文賞(佳作)
 俳句短歌集「かえりみて」(武田知子)
 特別賞(佳作)
 記念誌「絆」ブラジル農協婦人部連合会(ADESC=池田桂子編集長)
 【ポ語部門】
 「ア・フィブラ・エ・オ・ソーニョ」(アントン・イケガミ)
 「ウマ・ファミリア・デ・ピオネイロス・エ・プレクルソーレスロス」(パウロ・S・ノガミ)
「デ・ソル・ア・ソル オ・ジャポン・ケ・ナッセ・ノ・ブラジル」(クニト・ミヤサカ財団法人)
 【まんが部門】
 佳作
 「アミーゴス・ダ・マッタ」(ウィルソン・コハマ)
 「アマニャン・シュボーゾ」(マルコ・アントニオ・アベ)
 選考委員は以下の通り。
 【日本語】浜照夫、林まどか、鈴木雅夫、永田翼、中田みちよ、富重久子、能美尾透、水野節子、広川和子、斉藤早百合。
 【ポ語】大原毅、半田フランシスコ、高橋次郎、後藤田玲子、藤山洋児、畑中ミリアン、西銘光雄。
 【まんが】永田翼、田中エレーナ、近藤ナオト、久保シオ、ジュリア・トッフォリ、ジルベルト・ナシメント。

image_print

こちらの記事もどうぞ