ホーム | 日系社会ニュース | 蜂鳥=第5回かずま忌12月に=「流派をこえた参加を」

蜂鳥=第5回かずま忌12月に=「流派をこえた参加を」

ニッケイ新聞 2010年11月20日付け

 俳人の故富重かずま氏を偲ぶ「第5回かずま忌」が12月4日、文協ビル(R. Sao Joaquim, 381)14号室で催される。蜂鳥誌委員会の主催。
 午前8時に受付を始め、午前9時開会。当日の兼題は「かずま忌」「熱帯魚」「アマリリス」年末一切で計五句。会場では、かずま氏の遺句集「蜂鳥」の配布もある。
 来社した委員の皆さんは「忘年会も兼ねた集まり。流派を超えた同好者の参加を願います」と広く呼びかけている。
 会費は35レアル。出席予定の人は池田堂夢(11・2506・0541)、広田ユキ(2362・2903)、串間いつえ(3768・4576)、富重久子(3064・9426)まで連絡を。

image_print

こちらの記事もどうぞ