ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年11月25日付け

 開催中の大相撲11月場所。11日目を終え、ブラジル出身力士の魁聖が8勝3敗で、同じく3敗の5力士と首位争いを続けている。あと3日、ぜひ好結果を残してほしいもの。同じく伯出身の幕下・魁心は3勝3敗の五分。
     ◎
 日本サッカーリーグ初の外国籍選手として活躍、帰化後は日本代表にもなり日本のサッカー界に足跡を刻んだ故吉村大志郎(ネルソン吉村)氏。産経新聞によれば、同氏が今年日本サッカー殿堂入りしたことを祝う会が去る12日に大阪で開かれ、夫人や、ともにヤンマー(現セレッソ大阪)でプレーした名ストライカー、釜本邦茂・日本協会顧問など100人が出席したという。ブラジル人が日本に帰化、代表入りする先駆けとなった吉村氏。その功績は今も忘れられていないようだ。
     ◎
 マナウス市内にある「憩いの園」。老人ホームとして建設されたが、入居者がいないため、週末は隣接するゴルフ帰りの人が、風呂やマージャン、夕食を楽しみながら歓談を楽しむ場となっていた。「西部アマゾン日伯便り」によれば、今年一杯で閉園するとのこと。担当者の退任、建物の老朽化が理由だとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ