ホーム | 日系社会ニュース | デコ画廊=29周年記念の作品展=節目の30年にも意欲=17日から

デコ画廊=29周年記念の作品展=節目の30年にも意欲=17日から

ニッケイ新聞 2010年12月14日付け

 デコ画廊(田口秀子代表)は創立29周年を記念した作品展を17日から19日まで同画廊(R. dos Franceses, 153, Bela Vista)で開く。
 1981年12月17日に始まった同画廊。29年目の2010年は「ちょっと元気がなかった」と話す田口代表だが、30周年を迎える来年は日本側の作家とも協力して、年間を通じて様々な企画を準備中。「地方でも展示会を開きたい」と意欲を見せる。
 今回は、初期の時代から現在まで関わりのある作家20人が出品する。田口代表は「懐かしいものもあります。ぜひお出かけを」と案内した。
 開場時間は午前10時から午後7時。問い合わせは同画廊(11・3289・7067)まで。
 参加作家は次の通り(順不同、敬称略)。近藤敏、吉沢太、斉藤義重、若林和男、仁居樹美、原田美弥子、安部みゆき、鈴木亘彦、三梨伸、越石幸子、シン・ヒョンチョル、木島孝文、大竹富江、豊田豊、鈴木安一郎、小川泰生、草間彌生、キム・イェウンヒ、大西洋、布施祐子。

image_print

こちらの記事もどうぞ