ホーム | ブラジル国内ニュース | 伯字紙選んだ4大事件=リオ、イザベラ、2女性失踪

伯字紙選んだ4大事件=リオ、イザベラ、2女性失踪

ニッケイ新聞 2010年12月28日付け

 22日付G1サイトが上げた2010年の主な出来事は、イザベラちゃん事件の裁判や、エリーザ・サムージオさんとメルシア・ナカシマさんの失踪事件。戦車まで登場して世界を驚かせた、リオ市の麻薬密売組織一掃作戦もやはり忘れてはならないだろう。
 リオ市での出来事はまだ記憶に新しく、コマンド・ヴェルメーリョ(CV)による統治から警察や軍の統治に移行した事で、同市北部にあるペーニャ教会に行けるようになったと喜ぶカトリック信者など、市民生活も大きく変化。麻薬密売者達の勢力がそがれた後は、警官や兵士、政治家も加わったミリシアと呼ばれる犯罪組織が勢力を拡大との懸念もあったが、21日に行われたミリシア「ファミリア・エ・ノス」の摘発は、同州保安局がミリシア対策にも心を砕いている証拠。
 ファヴェーラ駐留の軍警や兵士達が平和駐留部隊(UPP)のように市民と共生するための訓練を受けてないとの指摘は以前からあったが、UPPとして派遣される警官の採用から訓練、派遣までの間は、平和的共存のための工夫も必要だ。
 08年3月29日に起きたイザベラちゃん殺害の陪審裁判では実父と継母に実刑判決が下り、同裁判で活躍した検事の株が一気に上がった。
 6月に起きたエリーザ・サムージオさん失踪事件では元フラメンゴのゴールキーパー、ブルーノらに殺害その他の容疑がかかり、12月に陪審裁判実施が決まった。また、5月23日に起きたメルシア・ナカシマ弁護士失踪事件も、遺体が浮いたサンパウロ州ナザレ・パウリスタの池の藻が靴から発見されたりした事で、愛人で同僚のミザエル・ビスポ・デ・ソウザ弁護士が陪審裁判に伏される事が12月に決まった。
 麻薬関係の報道や、肉親や愛人による殺害や虐待事件の報道が目についた年も間もなく終る。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも2019年2月1日 第2回リオ祭り=昨年1割増し4万4千人入場=カリオカも日本文化に夢中=日本食、和太鼓、コスプレも  日本移民110周年記念として、昨年から始まったGLイベンツとTASAイベンツ共催の『第2回リオ祭り』が25、26、27日の三日間、リオ市のリオセントロ・コンベンション・イベントセンター第4パビリオンで盛大に開催された。リオ最大規模の日本祭りで、昨年よりも1割多い、延べ […]
  • ニッケイ俳壇(900)=星野瞳 選2016年8月5日 ニッケイ俳壇(900)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 夕立の止みたる鰐の沼匂ふ汝逝きてわが春愁のやり場なし天の川潤みみかんの花匂ふ春寒くわれを見つめて埴輪の眼早春の深き緑のダムの水 […]
  • イベント情報2014年4月26日 イベント情報 ニッケイ新聞 2014年4月26日 【サッカー】 全国選手権第1節 4/26(土) ・パルメイラス対フルミネンセ(会場:パカエンブー・スタジアム) ・コリチーバ対サントス(会場:コウト・ペレイラ・スタジアム) 4/27(日) ・クルゼイロ対サンパウロ(会場:パルケ・ド・サビア) […]
  • 東西南北2014年4月15日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月15日  サンパウロ水道公社(Sabesp)のジウマ・ペーナ局長は10日に「年内は給水制限の心配はない」と語ったが、13日付アゴラ紙によると、かねてから給水に問題があった大サンパウロ市圏のオザスコ市以外にも、サンパウロ市内11地区で水が出ないことが報 […]
  • イタケロンのお披露目は=コリンチャンス対フラメンゴ2014年3月19日 イタケロンのお披露目は=コリンチャンス対フラメンゴ ニッケイ新聞 2014年3月19日  ブラジル・サッカー連盟(CBF)が18日、ワールドカップの開会式と開幕戦が行われるサンパウロ市のアレーナ・コリンチャンスことイタケロンのこけら落としは、4月27日のコリンチャンス対フラメンゴ戦となると発表した。この試合はブラジル全国選手権 […]