ホーム | 日系社会ニュース | 日系5団体=義捐金用の新口座を開設=17日に文協で追悼ミサ

日系5団体=義捐金用の新口座を開設=17日に文協で追悼ミサ

ニッケイ新聞 2011年3月15日付け

 日系5団体(文協、県連、援協、日文連、日伯商議所)の代表者は14日午後に文協会長室で会議を開き、文協、県連、援協が新たに開設した銀行口座を公表し、在聖総領事館を通し日本政府にお見舞い状を出すことを確認した。
 文協、援協はブラデスコ銀行、県連はブラジル銀行に開設した(別掲)。
 5団体共催、各宗教団体の参加による追悼ミサは17日午前10時から文協大講堂で開かれる。
 会議後には、木多会長ら代表者が総領事館にお見舞い状を届けた。
 文協の山下譲二副会長は、「地震発生後から、多くの問い合わせや取材依頼が舞い込み、てんてこ舞いの状態。しかし近いうちに慈善イベントなどの開催を決定し、コロニアに広く伝えたい」と話している。

image_print

こちらの記事もどうぞ