ホーム | 日系社会ニュース | 茨城も義捐金呼びかけ=式典控え急きょ決断

茨城も義捐金呼びかけ=式典控え急きょ決断

ニッケイ新聞 2011年3月15日付け

 5月15日に50周年式典を予定しているブラジル茨城県人会(小林操みさお会長)は、今回の東日本大震災では茨城県北部も甚大な被害を受けており、特別な義捐金を呼びかけるべく役員3人が14日来社した。
 小林会長は「県知事も来伯予定が決定していたが、大震災を受けて不透明になった。おそらく困難だろうと思います。私の弟も避難して車の中で生活している。ガソリンも残り少ないからエンジンもかけられず凄く寒いと言っていました」と悲痛な表情を浮かべる。
 加えて「岩手、宮城、福島3県は特に被害が大きく注目が集まっている。そのため茨城県北部も同様の状態にあるが、支援物資は素通りして北に向かっている状態。県人会としては手をこまねいている訳にはいかない、何かできることはないかと考えました」と説明する。13日に緊急役員会を行い、今回の義捐金を決定した。
 若松孝司副会長も「すぐに送る分だけは県人会独自でやらせてもらいたい。その後の分は日系団体共同でやることに協力できると思う」という。黒澤儀人(のりひと)副会長も「直接に親兄弟が苦しんでいるのに、じっとしていられません」と強調した。
 「特に茨城県関係者はぜひ協力をお願いしたい」と小林会長は頭を下げた。賛同者は同県人会口座《Banco Santander (033) Agencia 4551 Urb-SP-Liberdade Conta 130000436》まで振込みを。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年4月26日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年4月26日  AGCがフィーゴ氏へアンバサダーを要請したのは、「現役時代、彼は得意のドリブルで道を切り開いてきた。引退後も社会活動に熱心で、その2点が社風と一致した」と石村社長は説明した。昨年6月のコンフェデ杯ではラモス瑠偉氏がアンバサダー務めており、今 […]
  • 最高齢百歳、自慢の喉披露=日本民謡大会、27日2014年4月23日 最高齢百歳、自慢の喉披露=日本民謡大会、27日 ニッケイ新聞 2014年4月23日  ブラジル日本民謡協会(塩野彰会長)が『第47回日本民謡ブラジル大会』を、27日午前8時半から宮城県人会館(Rua Fagundes, 152, […]
  • 今も応急仮設住宅暮らし多い=宮城県 村井嘉浩知事2014年3月12日 今も応急仮設住宅暮らし多い=宮城県 村井嘉浩知事 ニッケイ新聞 2014年3月12日  本日、ブラジル宮城県人会をはじめとする東日本大震災の被災3県人会共催の下、本式典を開催いただきますことに、心から感謝申し上げます。  時間の経過とともに、震災の記憶の風化が懸念される中、多くの皆様の御尽力により、遠く離れた御地ブラジルでこ […]
  • 黙祷をささげる関係者2014年3月12日 岩手、宮城、福島が3.11追悼式=「がんばれ日本、東北!」=復興祈り、黙とう捧げる=明るい近況報告も届く ニッケイ新聞 2014年3月12日 「復興に向け、着実に一歩ずつ」。岩手、宮城、福島の3県人会が11日午後2時から、宮城県人会館で『東日本大震災3周忌追悼式』を行った。震災発生日に合わせた平日開催にも関わらず、約100人が集まり犠牲者に黙とうを捧げた。防災関係者による講習や […]
  • 新産業を創出する取り組み=福島県 佐藤雄平知事2014年3月12日 新産業を創出する取り組み=福島県 佐藤雄平知事 ニッケイ新聞 2014年3月12日  本日ここに東日本大震災3周忌追悼式が執り行われるに当たり、福島県民を代表し、謹んで追悼の言葉を捧げます。  開催に御尽力いただきました3県人会を始め、関係者の皆様に心から敬意と感謝の意を表します。  県では地震と津波、原発事故により、あら […]