ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2011年3月29日付け

 東日本大震災発生以来の混乱の中で、在日ブラジル人の間でも動揺が広がっているようだ。数日前の朝日新聞によれば、静岡県浜松の伯総領事館では通常の3倍以上のパスポート更新の申請があったという。早期の帰国ではなく、いざという時の準備という意味合いのようだ。そのほか、ブラジル学校の生徒の帰国や、読売新聞によれば群馬県大泉町では旅行社への問い合わせが殺到、入管の再入国許可申請も増えているとか。こうしたニュースばかり見ていると相当混乱しているように感じるが、日本の知人によれば、ブラジル人の中には支援活動に動く人もあり、決して一面的ではない。日本のメディアからも情報を得ている人は比較的落ち着いているという。
     ◎
 26日にあった文協総会での評議員選挙。選挙管理委員会は、当日投票を午前9時半〜10時半と決めていたが、これに物言いをつけたのは投票時間終了後に姿を現した渡部和夫氏。「定款によれば、投票時間は招集状で会員に通知せねばならない。新聞報道だけでは不徹底」—。確かに投票時間の記載がなかったことから選挙管理委員らが急遽集まり、正午までの投票を認めた。すでに回収された投票箱がもう一度登場、渡部氏を含め4票の投票が行なわれた。「…一般の会員だったら認められたかな」との声もポロリ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム オーリャ!2011年3月30日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2011年3月30日付け […]
  • 「デカセギ」から「在日ブラジル人」へ2015年1月30日 「デカセギ」から「在日ブラジル人」へ  ついつい「デカセギ」という言葉を使いがちだが、考えたほうがいい時代になったようだ。日本のポ語雑誌『アウテルナチーヴァ』21日付電子版は《在東京ブラジル総領事館で20日に開催されたブラジル・ビジネス・グループのアジア部会で「ブラジル人はもう日本でデカセギと見られるべきではな […]
  • 早大・上智大から研修生=スザノ日伯学園で交流2014年3月26日 早大・上智大から研修生=スザノ日伯学園で交流 ニッケイ新聞 2014年3月26日 先月10日、群馬県大泉町のブラジル人学校でボランティアを行う早稲田大学の公認団体「ノーヴァ・エスペランサ」から上智大の尾崎由香(19、大阪)、早大の長岡彩香(22、東京)さんが来伯し、スザノ日伯学園で1カ月間交流を行った。 NPO法人「NG […]
  • かたつむりアートを制作中の子どもたちと、完成品を見せるボルゲスさん。2014年3月13日 コシノジュンコ企画=日伯児童がアート交流展=被災者への追悼を込め ニッケイ新聞 2014年3月13日 大竹富江インスティチュートで矢柳剛氏との合同展『Opa! 陽気な黙示録』を開催中のデザイナー、コシノ・ジュンコさんプロデュースによる日伯交流企画「かたつむりアート」が7日、同施設で実施された。 「かたつむりアート」とは、芸術家の矢柳さんが […]
  • 乾杯するコシノさんと矢柳さん2014年1月25日 世界のコシノ「和食はアート」=矢柳氏との二人展も開幕 ニッケイ新聞 2014年1月25日 【既報関連】世界的ファッション・デザイナーのコシノジュンコさんが、現代美術家の矢柳剛さんと南米初の二人展『オーパ!陽気な黙示録』(17日付詳報)を開くため来伯し、21日、展示会に先立ち総領事公邸で和食文化紹介イベントを行った。日系団体代表 […]