ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年7月18日付け

 伯日議員連盟の高山ヒデカズ連邦下議によれば笠戸丸の錨の引き上げに関して、ブラジル海軍は潜水夫を出すことを承認し、ペトロブラスも自身のタンカーに載せて運んできてもよい、という話までしたとか。ただし、ロシア政府筋は「引き上げ時に日本人の立ち会いは禁止する」との条件をつけているとの話も。沈んでいる船が笠戸丸かどうか判断できる人材がどれだけいるのか。もし今年がダメでも、来年の流氷が溶けた頃、再チャレンジしてほしいものだ。
     ◎
 賑やかに盛り上がったグァタパラ移住地入植四十五周年記念式典。演芸会には来伯中の中平マリコさんが出場していた。美空ひばりメドレーを熱唱するマリコさんと、手拍子で答える観客。会場が盛り上がりつつあったその時、プツッと音楽が止まった。マリコさんはびっくりして「まだ終わりでないですよ~。次の曲をお願いします」。すると、奥から「少々お待ちください。グァタパラでは、停電が日常のことなのです」との返事。移住地のなごやかな一面を見たように思う。
     ◎
 文協ビルで実施中の参院選公館投票で、パスポートなどの身分証明書類を、オリジナルでなくコピーを持ってきたため、投票できないケースが出てきている。これから投票を考えている人はご注意を。
     ◎
 今月五日にJICAサンパウロ支所シニアボランティア(社会福祉・サンパウロ自閉症児父兄会)として着任した、三枝たか子さんは以前十二年間ウルグアイでボランティア活動したほか、日本、米国ボストンでも研究を行っていた。三カ国目の外国がブラジル。「二度あることは三度ある」で、今まで以上の期待が集まっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2008年12月30日 ニッケイ新聞編集部が選んだ コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2008年12月30日付け  百周年に明け、百周年に暮れた2008年。日本移民百周年と日伯交流年の今年は、1年を通じて両国で約1500の記念行事が実施されるなど、他の周年事業とは比べ物にならない盛り上がりを見せた。1月の開幕行事から、2月のカーニバルでは各地 […]
  • 東西南北2017年1月19日 東西南北  17日、サンパウロ州サントスで、電気技師のジョルジュ・アラウージョ・ダ・シウヴァさんが、火災にあったアパートから、6歳から12歳までの少女4人を救出し、一躍ヒーローとなった。ジョルジュさんは同日午前10時30分頃、仕事に向かう途中で、あるアパートから煙が出ているのを見かけた。 […]
  • 「ブラジル経済に好転の兆し」=商議所、FGV大教授が講演2016年7月30日 「ブラジル経済に好転の兆し」=商議所、FGV大教授が講演  ブラジル日本商工会議所(村田俊典会頭)の定例昼食会が22日、サンパウロ市チヴォリ・サンパウロ・モファレッジホテルで開催された。ジェトゥリオ・ヴァルガス財団(FGV)大学経済学部のヴェラ・エレナ・ソーステンセン教授を招待し、ブラジルの国際貿易におけるチャレンジをテーマに講演が行 […]
  • 軽業師竹沢万次の謎を追う=サーカスに見る日伯交流史=第26回=ブラジル初の日本人の記録発見!2016年3月31日 軽業師竹沢万次の謎を追う=サーカスに見る日伯交流史=第26回=ブラジル初の日本人の記録発見!  前節で紹介した《竹沢万次1873年説》情報を確認すべく、ブラジル国立デジタル図書館サイト(bndigital.bn.br)を検索すると、なんとコレイオ・パウリスターノ紙1873年5月10日付4面に、日本人軽業師を含むサーカス団の広告があるのを見つけた。 《初公開、大きな梯子を […]
  • 東西南北2010年4月24日 東西南北 ニッケイ新聞 2010年4月24日付け […]