ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2007年12月20日付け

 前代未聞ともいえる今回の県連騒動。そこまでする問題か―とFAXを送付した大西博巳副会長を非難する県人会関係者の声も聞こえてくるが、収まるものが収まらなくなったことだけは事実だろう。すでに「第十一回日本祭り」の準備も始まっており、早急な事態の収拾が望まれるところ。
     ◎
 プロミッソンの隣にあるグアインベー(上塚第二植民地)は人口五千人余りのひっそりとした町だが、セントロの教会横の広場には上塚周平の胸像がある。先日訪問にした折り、地元日系人が「すぐに胸像の眼鏡を盗られる」と嘆いていた。そういえば、リベルダーデの上塚周平像もしょっちゅう眼鏡が無くなっているから同じようなもの。ただし、グアインベーの方は、ブラジルを代表する画家の一人、故・間部学氏が一時期住んでいた縁で制作した唯一の胸像だと聞き、その意外な価値にビックリ。
     ◎
 アタカンアマゾンの創立記念パーティーが行われたシャカラ・サンタ・セシリア。店内はお洒落な雰囲気を醸し出しながら、アマゾンの大自然をアピールしている。パーティーが行われた場所のすぐ近くには池らしき所があり、鰐や鳥などの模型が並べられていてジャングルも彷彿とさせた。よく見ると亀だけは本物がスイスイと泳いでいた。亀だけが本物には何か深い訳でもあるのだろうか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年7月9日 大耳小耳  千葉県船橋市の「ふなっしー」など日本では「ご当地キャラ」が大流行だ。郷土の特徴をヒントにしたキャラクター、マスコットをつくり、観光や町おこしの起爆剤として重宝されている。その波に乗って、ついに今回の県連日本祭りでは「県人会キャラ」が登場することになった。福島県人会では、なんと […]
  • 2008年6月20日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=独断と偏見で選ぶ=後世に残したい『コロニア文化遺産』 ニッケイ新聞 2008年6月20日付け  第一回移民船笠戸丸がサントスに到着して百年。ブラジル日系社会(コロニア)は新世紀を迎えた。益々ブラジルへの同化が進んでゆく今だからこそ、何を残すべきかを考えたい。戦前・戦後の移民二十五万人、そしてその子孫らによる一世紀にわたる生活 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • ざっくばらんに行こう!=日系社会面編集部座談会=さあ、どうなる?!=1年半後に迫った移民110周年2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=日系社会面編集部座談会=さあ、どうなる?!=1年半後に迫った移民110周年 【深沢】さて、今回のテーマは移民110周年。2018年6月18日まで、いよいよ一年半後に近づいてきました。でも、肝心の「110周年実行委員会」がまだできてないんだよね。 […]