ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 コロニアのカラオケ業界の風紀に乱れか――。先日、新聞社を訪れたカラオケ愛好者らしき上品なご婦人が突然、「男女間の交際に関して節度が失われてきている」と昨今の同業界のことを嘆き、「紙面で注意を呼びかけて欲しい」と訴えた。本当にカラオケ業界なのか、それともカラオケ・ダンス業界なのか、詳細については語らなかったが、「不倫や痴情のもつれで、居心地の悪い空気が流れている集まりがいくつかある」とのこと。心当たりのある方は注意されたし。
    ◎
 編集部ではすでに日本製の「豚骨味、博多ラーメン」「味噌味、札幌ラーメン」などの7種類を特価販売しているが、それに加えて、五木庵生タイプ「チャンポン」などの販売も始めた。「チャンポン」は一袋5レアルで、5袋まとめ買いすれば、なんと20レアルの大特価だ。さらに同じ五木食品の「3食入りうどん」(15レアル)、「3食入りやきそば」(12レアル)も好評発売中。1食当たりでは4~5レアル程度で、本物の味を味わうのは難しい。いずれも、日本の有名な地方メーカーが作った自信作。自宅で具を追加して作れば、レストラン並みの味になるおこと請け合い。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年3月3日 大耳小耳  2月18日付樹海コラム《県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を》に対する読者からの感想が送られてきた。サンパウロ州ポンペイア在住の須賀得司さんで、ありがたいことに《大いに共鳴、一筆参らす次第》とのこと。一世が日本語世界の中で主張した日本文化を、二世、三世がポルトガル語世 […]
  • 大耳小耳2020年2月18日 大耳小耳  日毎叢書企画出版の『楽書倶楽部』第512号が2月に刊行された。沼田信一著『信ちゃんの昔話』の転載が始まった。「ファゼンダ・コチアー」とタイトルにあるので、産業組合の話かと思ったら、北パラナのカフェ耕地の名前。平日はカフェの仕事をし、日曜日は自分の畑を作るという、休みのない開拓 […]
  • 大耳小耳2019年11月23日 大耳小耳  ブラジル高知県人会は今週の日曜日に、フェイジョアーダの食べ放題が楽しめる「フェイジョアーダの日」を開催する。日系社会でよく言われるのが「日系団体の婦人部が作る日本食は、家庭的で日本料理店に勝るくらいおいしい」ということ。彼女らの料理は慣れ親しんだ「おふくろの味」。今回は日本食 […]
  • 大耳小耳2019年9月21日 大耳小耳  5月16日に来伯してブラジル中を飛び回り、パラグアイでも歌声を披露している歌手中平マリコさんだが、10月6日に帰国する予定。1日に開催された「第5回さぁ~始めよう」はもちろん、県連日本祭り、アマゾン移住90周年記念行事への出演、日系福祉施設の巡回公演など精力的に飛び回り、そこ […]