ホーム | Free | 大耳小耳

大耳小耳

 俳誌『朝蔭』の第469号が編集部に届いていた。《故国恋し蛙の居らぬ町に住み》(富岡絹子)。水田の近くで生まれ育った人は、あのガマ蛙の合唱が聞こえないと、移民したあとも一生もの足りない。きっと富岡さんも。《春謳歌天災少なき国に住み》(中山哲弥)を読んで、考え込んだ。たしかにブラジルは地震や台風などの天災は少ないが、それを補うように「人災」が多い。ブルマジーニョ鉱山ダム決壊しかり、スザノ学校襲撃しかり。神様は良く作ったもの…。《耕して親子三代花作る》(吉田繁)の作者はアチバイア在住。なるほど花器生産で全伯的にしられたところ。一つの事業が3代に渡って続いているのは、素晴らしいこと。親に対する敬意がないと継ごうとは思わないからだ。大きく花開いているのは花だけでなく、家族関係も。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2019年4月10日 大耳小耳  日本のプロ野球チーム、高知ファイティングドッグス(FD)は、来年6月にサルバドール在住の伯人、アレサンドロ・フレイタス・デ・ミランダさん(16)を研修生として受け入れる。同地の貧困地域の伯人が日本の野球団に入るのは初めて。FDは、これまでにも海外の若者に夢を与える活動を続けて […]
  • ドッセ川の河口は修復不能=マリアナのダム決壊事故で2019年8月28日 ドッセ川の河口は修復不能=マリアナのダム決壊事故で  15年11月5日に起きたミナス州マリアナの鉱滓ダム決壊事故で、エスピリトサント州リニャレス市のドッセ川河口の地形や生態系に修復不能な損失が生じている事が確認されたと26日付現地紙サイトが報じた。  この研究報告は、サンパウロ州立カンピーナス大学(Unicamp)の博 […]
  • アチバイア=花とイチゴの祭典30日から=令和を祝し花々が咲き誇る=「日伯の風景を融合する」2019年8月23日 アチバイア=花とイチゴの祭典30日から=令和を祝し花々が咲き誇る=「日伯の風景を融合する」  アチバイア・オルトランジア協会は、今年も「第39回花とイチゴ祭り」を8月30~9月22日の金、土、日曜日、午前9~午後6時まで、アチバイア市内エドムンド・ザノニ市立公園(Av. Horacio Neto, 1030, Vila […]
  • 《ブラジル》美術館や博物館の観客増加=上半期は昨年比61%増2019年8月20日 《ブラジル》美術館や博物館の観客増加=上半期は昨年比61%増  ブラジルでは今年上半期の博物館、美術館の来館者が増えており、三つの博物・美術館では動員数の新記録も更新した。  国内の主要博物・美術館40館の観客数を調べたところ、上半期は37館で来館者が増えたという。これら40館の来場者数の総数は過去4年間の平均より50%多く、昨 […]
  • 第63回パウリスタ・スポーツ賞=「苦難乗り越え、今日の活躍」=19種目から25人が受賞2019年8月21日 第63回パウリスタ・スポーツ賞=「苦難乗り越え、今日の活躍」=19種目から25人が受賞  ニッケイ新聞主催の『第63回パウリスタ・スポーツ賞』の贈呈式が今月9日、聖市議会の貴賓室で盛大に開催された。戦後の勝ち負け抗争で二分された日系社会において、スポーツ振興を通じて融和を図る目的で創設された同賞。今年は19部門から25人が受賞し、家族や友人らも合わせて会場 […]