ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 俳誌『蜂鳥』第334号が12月に刊行された。《花コーヒー移民哀史も遠くなり》(山根敦枝)は移民109年目らしい作品か。《夫植ゑて夫が好みしマンガ熟る》(三宅昭子)はマンガの本場・トメアスー移住地在住者らしい句か。《大掃除本棚払い立読みす》(高橋紫葉)も年の瀬に繰り返される心和む光景。エッセイ欄も充実。「俳句と日本人 労働観」(五味国夫)には、日本人は働かないで食うことに引け目を感じる。その一方、『聖書』創世記第3章にはエデンの園で禁断の果実を食べたアダムとイブは神の罰を受け、《神に背いた人間に原罪として、額に汗してパンを稼ぐ労働の罰が与えられた》から、《一神教の人々はみな仕方なくいやいやながら働く》との興味深い説を展開。俳誌もなかなか奥が深い。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年5月25日 大耳小耳  ジャパン・ハウス(Avenida Paulista, […]
  • 大耳小耳2019年5月24日 大耳小耳  23日付本面で出した《外国からの郵便小包に注意》記事に関して、補足があった。書留だけでなく、追跡番号がつけば他の方式も有効だ。たとえば、「EMS便」(国際スピート郵便)にすれば、EMS便送り状(ラベル)に記載されている13桁の「お問い合わせ番号」がつくので、これを使えば国際郵 […]
  • 大耳小耳2019年5月23日 大耳小耳  6月2日に「健康体操の日」「協会創立13周年」フェスティバルを主催するブラジル健康体操協会は、日本のNPO法人「全日本健康音楽研究会(齋藤千代子会長)」の伯国支部だ。これは中高齢者の健康増進を目的に、童謡やよく知られた楽曲に合わせストレッチ体操や気功体操を行うもの。ストレッチ […]
  • 大耳小耳2019年5月21日 大耳小耳  在聖総領事館の安全情報によれば、聖市所在の日系企業に14日、詐欺と思われる電話があった。同社の固定電話に同社社長を名乗る人物から日本語で「アジアで会社を買収する話があり、英国の弁護士と相談したところ、伯国の拠点から資金を拠出するのが良いと言われた。そのため、100万ユーロを口 […]