ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 俳誌『蜂鳥』第334号が12月に刊行された。《花コーヒー移民哀史も遠くなり》(山根敦枝)は移民109年目らしい作品か。《夫植ゑて夫が好みしマンガ熟る》(三宅昭子)はマンガの本場・トメアスー移住地在住者らしい句か。《大掃除本棚払い立読みす》(高橋紫葉)も年の瀬に繰り返される心和む光景。エッセイ欄も充実。「俳句と日本人 労働観」(五味国夫)には、日本人は働かないで食うことに引け目を感じる。その一方、『聖書』創世記第3章にはエデンの園で禁断の果実を食べたアダムとイブは神の罰を受け、《神に背いた人間に原罪として、額に汗してパンを稼ぐ労働の罰が与えられた》から、《一神教の人々はみな仕方なくいやいやながら働く》との興味深い説を展開。俳誌もなかなか奥が深い。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年9月11日 大耳小耳  ブラジル吟剣詩舞連合会(宮村秀光会長)は「第47回全伯吟剣詩舞道大会 吟と舞と剣」を7日に、聖市内在伯大阪なにわ会会館で開催したが、宮村会長によると、出場者の中から18人がパラー州ベレンで開催される「日本週間」に出演するそう。汎アマゾニア日伯協会主催するアマゾン90周年記念行 […]
  • 大耳小耳2019年9月5日 大耳小耳  トメアスー日本語学校は生徒からの月謝と文協の資金を財源としているが、生徒数の減少により決して潤沢ではない。スキルアップのためにサンパウロの講座を受けたくても、厳しいのが実情だ。今年6月末に決まり、海外日系社会の日本語教育支援も盛り込まれている『日本語教育推進法』を利用して解決 […]
  • 大耳小耳2019年9月4日 大耳小耳  ラーメン職人・SHINさんが今週から金・土曜日だけではなく日曜日にも、聖市ベラ・ビスタ区の日本食店「ワカ・ハウス・ジャパニーズ・フード」(Av. Brigadeiro Luiz Antonio, 2050, loja […]
  • 大耳小耳2019年9月3日 大耳小耳  8月27日にジャパン・ハウスで宮崎県と在聖総領事館が共催した「みやざきの夕べ」では、2階のレストラン藍染で実際に食文化を体験する時間が設けられた。本物の宮崎牛、焼酎などは申し分なく堪能できる美味。ところが同レストランが作った〝郷土料理〟には、慶祝団からも「物言い」がついた。チ […]