ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2011年4月1日付け

 福島県南相馬市でラーメンを無料提供したチバさん。普段は「ブラジルキッチン」の名で、プロサッカーチーム川崎フロンターレの本拠地等々力競技場で、パステルやリングイッサ、フェイジョアーダなどを販売しているそう。今月23日に予定されている、同チームの順延後初めての対戦相手は被害が大きかった宮城県仙台市が本拠地のベガルタ仙台。どちらを応援するか迷いそう?
     ◎
 日系ルーテル・サンパウロ教会では地震発生後、海外在住者や関係者のため、日本のテレビの地震関連ニュース映像を教会で見られるように準備。インターネットのWi-Fiも無料で開放するなど情報収集の環境を整え、多くの人が利用したという。「少しは役に立てたかな」と徳弘牧師。13日と20日に日本語とポルトガル語で地震・津波犠牲者のための特別礼拝を実施。その時に集められた献金も義捐金として日本へ送ることを決めている。
     ◎
 前連邦下議のウィリアン・ウー氏が議員時代に起草、09年に成立した不法滞在外国人に対する恩赦の2年間の暫定合法滞在期間が過ぎ、今年永住権の申請受付が行われる。連邦警察のサイト(www.dpf.gov.br)では先日から、条件や必要書類等の案内を掲載。同恩赦では、09年末の締め切りまでに、ボリビア、中国を筆頭に130国籍、約4万2千人が申請を行っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ