ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2011年4月13日付け

 西部アマゾン日伯便りによれば、マナウス市の同協会では16日(土)に東日本大震災義捐金バザーを行う。午前9時〜11時、午後2時から4時までの入れ替え制だという。これは日本語教室の教育を兼ねて行われるもので、生徒と先生が一緒になって「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」などと声を出すという。当日集まったお金は全額、日本への義捐金にする予定。同市在市住者はふるってご参加を。
     ◎
 9日に亡くなったサントアンドレーの本村巌さんは、地元ABCやブラジル相撲連盟で役員を務め、相撲の普及に尽力してきた人物。昨年終わりには、今年の全伯大会のための総合優勝杯と総合優勝旗を連盟に寄付し、特に真紅の優勝旗はわざわざ日本で作ったものだという。またそれ以外に、編纂が予定されている相撲連盟50年記念誌の製作費も寄付していたそうだ。「まるで自分の寿命が分かっていたよう」と関係者は話す。連盟では優勝旗を取りきりでなく、持ち回りとして故人の功績を伝えていきたいとしている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 乾杯するコシノさんと矢柳さん2014年1月25日 世界のコシノ「和食はアート」=矢柳氏との二人展も開幕 ニッケイ新聞 2014年1月25日 【既報関連】世界的ファッション・デザイナーのコシノジュンコさんが、現代美術家の矢柳剛さんと南米初の二人展『オーパ!陽気な黙示録』(17日付詳報)を開くため来伯し、21日、展示会に先立ち総領事公邸で和食文化紹介イベントを行った。日系団体代表 […]
  • 2013年10月30日 山形アマゾン民族館、閉館へ=貴重な資料、活用に期待=山口館長「魅力伝え続けたい」 ニッケイ新聞 2013年10月30日 写真=展示資料を前に笑顔を見せる山口吉彦さん(本人提供) […]
  • パラグアイ=海の男、日本から南米へ=内陸国に造船所建設2013年6月15日 パラグアイ=海の男、日本から南米へ=内陸国に造船所建設 ニッケイ新聞 2013年6月15日 ブラジル日本移民105周年  特産の大豆を山積みしたはしけ船(バージ船)が連なって、パラグアイ川の穏やかな水面をゆっくりと滑るように下って行く。対岸のアルゼンチンではウシがのんびりと草を食べている。パラグアイ側の湿地と牧場に囲まれた造 […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 21世紀の森づくり=全伯植樹キャンペーン2012年6月13日 21世紀の森づくり=全伯植樹キャンペーン ニッケイ新聞 2012年6月13日付け 「日伯・絆の森」作り=協力の輪広がる=東日本大震災=犠牲者追悼と復興を願って  ブラジル・ニッポン移住者協会(小山昭朗会長)がオイスカ・ブラジル総局(高木ラウール会長)と共催し、サンパウロ市の緑化・環境局が全面支援して実施している […]