ホーム | 日系社会ニュース | 県連・開拓先亡者慰霊碑法要=園田会長「移民の日は決意の日」=約60人がしめやかに

県連・開拓先亡者慰霊碑法要=園田会長「移民の日は決意の日」=約60人がしめやかに

ニッケイ新聞 2011年6月21日付け

 ブラジル日本都道府県人会連合会(園田昭憲会長)は、移民の日である18日午前10時から、イビラプエラ公園内の開拓先亡者慰霊碑前で『日本移民103周年追悼法要並びに11年東日本大震災物故者追悼及び復興支援法要』を執り行った。約60人が出席した。
 法要はブラジル仏教連合会会長の菊池顕正氏が導師を務めた。
 園田会長は冒頭、「103年前の笠戸丸移民から日系社会は始まった。今日は先人の苦労を偲ぶ日であり、我々日系社会にとって決意の日」と述べ、「東日本大震災で亡くなられた方の御霊に心より追悼の意を表します」と挨拶した。
 菊池氏による表白の後、諸僧の読経が始まると出席者は焼香の列を作り、一人一人が祈りを捧げた。
 法要に出席した大部一秋在聖日本国総領事は、「日系人の現在の反映は、自分の生活を犠牲にしてまで子弟の教育に注力してきた結果」と先人の功績を讃えた。
 慰霊碑前には各県人会が持ち寄った先亡者過去帖が並べられた。
 内山住勝会長(群馬)は過去帖を手に取り、「ここには、第1回移民からの先亡者名が記されている。先月旅立たれた野村次郎氏(援護協評議員会長)の名も確かにあります」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 開拓先亡者・東日本大震災物故者法要=文協大講堂に約3百人=故小野寺七郎氏も追悼2011年6月21日 開拓先亡者・東日本大震災物故者法要=文協大講堂に約3百人=故小野寺七郎氏も追悼 ニッケイ新聞 2011年6月21日付け  ブラジル日本移民の日を迎えた6月18日、『日本移民103周年記念開拓先亡者追悼法要並びに東日本大震災物故者追悼法要』が午後1時半から、ブラジル日本文化福祉協会・大講堂で執り行われた。 […]
  • 移民の日に寄せて=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫2018年6月20日 移民の日に寄せて=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫  笠戸丸移民に始まる日本移民の歴史も110周年を迎え、日本人の数は年を追うごとに減少しておりますが、私どもの子孫であります二世、三世、四世、五世、そして六世では成人に達した人もあり、七世も近いかと思われます。  毎年、六月十八日の『ブラジル日本移民の日』にイビラプエラ […]
  • 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有2017年9月2日 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有  ブラジル静岡県人会(原永門会長)創立60周年式典が8月27日午前11時、同会館で開催された。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席。集まった250人を超える県人会関係者と共に節目を祝った。来賓らは祝辞のなかで先人たちの功績に触れ、その苦労を偲んだ。式典後 […]