ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2011年7月30日付け

 日本祭りで開催された「ミス・ニッケイ」。11年度ミスニッケイ・ブラジルに選ばれたカミーラ・ライッサ・セザリオさん(18、サンパウロ州インジアナ市)。地方大会から彼女を知る司会の山井ケンジさんによれば、「医者になりたい」という夢を実現させるため、年末に行われる大学入試に向けて受験勉強に励んでいるとか。モデルとしての活動も応援したいが、美人女医の登場も待ち遠しい。
     ◎
 レストランでメニューを眺め、イメージが湧かず困った経験は誰もがあるはず。日本の飲食店で陳列される食品模型は日本独自の文化。アジア圏では徐々に広がりを見せているそう。その専門家である菅森弘昌さんが来伯、サンパウロ市で5日に講演を行なう。メニューの記載すら曖昧なブラジル。W杯、五輪で訪れる外国客を迎えるため、レストラン業界がセミナーなどを行なっている。一部でも普及したら面白そうだが、フェイジョアーダなどは美味しく見えるかどうか…。
     ◎
 米国情報サイト『CNN Go』が「世界で最もおいしい50種類の食べ物」を発表。4位には日本の寿司が入っている。1位はタイのマッサラン・カレー、イタリアのピザ、メキシコのチョコレートと続く。これに激しく反応しているのが韓国のインターネット。韓国料理が入ってないことを「屈辱的!」と悔しがるのはいいが、「寿司は料理ではない」などとお得意の日本批判。ちなみに日本の漬物の売り上げは、タクアン、白菜漬けなどを大きく離してキムチが1位。「まあまあ、いいとしましょうよ」と肩を叩いてあげたい気分。

image_print

こちらの記事もどうぞ