ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2011年8月3日付け

 今回のよさこいソーラン大会で6度目のグランプリ獲得を果たし、既に「貫禄」すら感じられるグルッポ・サンセイ。08年は「平成なるこ会」がグランプリを勝ち取ったが、今回で05年から6度目の快挙だ。今年も日本の大会出場に向け準備を進めていたが、震災の影響で断念している。浜崎会長によると、「メンバーの保護者の反対が大きかった」。大会は開催されたにも関わらず。子供たちも無念だったに違いない。
     ◎
 カンポス・ド・ジョルドンのさくらホームで6、7、13、14日に行われるさくら祭り。援協の足立操事務局長補佐によると、先月30、31日はホーム敷地内に咲く500本の雪割桜が「五分咲き」だったそうだが、今週末はおそらく満開になる見込みだとか。天気予報のウェブサイトを見ると、今のところ、雨は降らない予報。ぜひ足を運んでみては?
     ◎
 4日から開催される日伯交流絵画展。作品を出展する画家の深川京子氏によれば、その土地の気候が画法を左右するとか。日本は湿度が高く、風景の輪郭がぼやけるため淡い色を使う。反対に空気の乾燥したアフリカなどでは景色を遮るものがないため原色を使い、輪郭を黒くはっきりと描いた絵が多い。展覧会では、色彩感覚の多様性に目を向けてみても面白いのでは。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]
  • ■今週末の催し2018年8月2日 ■今週末の催し  4日(土曜日)  青葉祭り、午前7時、宮城県人会(Rua Fagundes, 152, Liberdade)      ◎  サンパウロ倫理法人会モーニンセミナー、午前8時半ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425, […]
  • ブラジル日本民謡協会50周年記念公演=豪華な慶祝団14人が来伯=大功労者 佐々木名人位「今回最後かも」2017年7月18日 ブラジル日本民謡協会50周年記念公演=豪華な慶祝団14人が来伯=大功労者 佐々木名人位「今回最後かも」  創立50周年を迎えたブラジル日本民謡協会(塩野彰会長)主催による「慶祝日本民謡親善公式訪問団ブラジル公演」が、16日午前9時からブラジル日本文化福祉協会大講堂(R. Sao Joaquim, […]
  • ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選2016年10月27日 ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎信濃村のポルトガル人煙草干す鳩車に似て葦舟や湖は春アリアンサの鳳梨も供え念腹忌睦みつつ濁流越えて行きし蝶富士の絵の額の後に守宮棲む […]
  • ニッケイ俳壇(911)=富重久子 選2016年10月20日 ニッケイ俳壇(911)=富重久子 選 スザノ           畠山てるえ 薪を焚く観光列車竹の秋 吐く煙後へ後へと花マナカ マリアフマッサ老幼嬉々と山笑ふ 列車行く町に郊外黄イッペー 浮雲の空にひと掃き竹の秋 【「薪を焚く」観光列車があるとは聴いているが、残念ながらまだ乗ったことは無い。昔窓を開ける […]