ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2011年8月4日付け

 1日に四季があるような最近のサンパウロの天候。「ブラジルは暑いのでしょう?」と決めてかかる日本からの連絡はさらりとかわし、フェイラでも季節を感じるのに忙しい。そろそろ終わりだろう、アーティチョークや柿、そのなかでもパラナ松の実、ピニョンを見るとしみじみとしてしまう▼来伯当時、6月祭りで食べた。「ローソクみたい…」という印象があり、さほど感心しなかったのだが、最近知人が一袋くれたのを食べて気に入った。何事も決めてかかるのはよくない。さっそく炊き込みごはんや茶碗蒸しなどで、もっちりとした食感を楽しんだ▼しかし、これは代用品としての楽しみ方だろう。つまりクリや銀杏、ユリの根などをイメージしたわけだ。勝手に「かつて移民もこれで懐かしんだのでは…」と戦前移民数人に聞いてみたが、あまり要領は得なかった。リオ州ヴィスコンデ・デ・マウアー、サンタ・カタリーナ州ラージェスで「ピニョン祭り」があり、前者では牛の筋肉と煮込んだものが名物料理だとか▼この実がなるのは、独特の形状で知られるパラナ松。太古の昔にタイムスリップした気分になる。パラナ松の作品もある画家の田中慎二さんによれば、サンタ・カタリーナ以南の風景がよく、「特にリオ・グランデの広大な原野に点在するパラナ松の景観は最高」だとか。サンパウロではカンポス・ド・ジョルドンとミナス州境のモンテ・ベルジで群生しており、画家半田知雄さんも訪れたという▼ポ語では「アラウカリア」。台所にあと一握りのピニョンがあったような。今日読者から頂いた青ジソと、冬の一品を考えてみたい。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]
  • ■今週末の催し2018年8月2日 ■今週末の催し  4日(土曜日)  青葉祭り、午前7時、宮城県人会(Rua Fagundes, 152, Liberdade)      ◎  サンパウロ倫理法人会モーニンセミナー、午前8時半ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425, […]
  • ブラジル日本民謡協会50周年記念公演=豪華な慶祝団14人が来伯=大功労者 佐々木名人位「今回最後かも」2017年7月18日 ブラジル日本民謡協会50周年記念公演=豪華な慶祝団14人が来伯=大功労者 佐々木名人位「今回最後かも」  創立50周年を迎えたブラジル日本民謡協会(塩野彰会長)主催による「慶祝日本民謡親善公式訪問団ブラジル公演」が、16日午前9時からブラジル日本文化福祉協会大講堂(R. Sao Joaquim, […]
  • ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選2016年10月27日 ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎信濃村のポルトガル人煙草干す鳩車に似て葦舟や湖は春アリアンサの鳳梨も供え念腹忌睦みつつ濁流越えて行きし蝶富士の絵の額の後に守宮棲む […]
  • ニッケイ俳壇(911)=富重久子 選2016年10月20日 ニッケイ俳壇(911)=富重久子 選 スザノ           畠山てるえ 薪を焚く観光列車竹の秋 吐く煙後へ後へと花マナカ マリアフマッサ老幼嬉々と山笑ふ 列車行く町に郊外黄イッペー 浮雲の空にひと掃き竹の秋 【「薪を焚く」観光列車があるとは聴いているが、残念ながらまだ乗ったことは無い。昔窓を開ける […]