ホーム | 日系社会ニュース | どうするどうなる人文研!?=方向性をシンポで探る=18日

どうするどうなる人文研!?=方向性をシンポで探る=18日

ニッケイ新聞 2011年8月16日付け

 サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)主催のシンポジューム『人文研を考える』が18日午後6時半から、ブラジル日本文化福祉協会(Rua Sao Joaquim, 381, 1o. andar, sala13, Liberdade)である。日語のみ。
 ブラジル日本都道府県人会連合会の園田昭憲会長、通訳・翻訳家の久保ルシオ氏、ブラジル三菱重工業の西岡信之社長の3人がパネリストを務める。 同研究所は発足以来、日本移民史や日系社会について調査、研究を重ねてきたが、近年、組織の活性化やブラジル社会への統合など、新たな問題に直面している。
 このような情勢を踏まえ、組織や事業の見直しを図るため、外部から識者を招き意見を募るシンポジュームを開催する運びとなった。
 なお、ポ語の部は9月に、日ポ両パネリストと人文関係者による徹底討論が10月に実施される予定。
 問い合わせは人文研(11・3277・8616)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ごあいさつ2018年1月3日 ごあいさつ 謹んで新年のお慶び申し上げます=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。  海外最大の日系人集団地ブラジルは、節目の移民110年周年を迎えました。  県 […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ2015年8月4日 在聖総領事館=一世紀の節目を盛大に祝う=記念昼食会に360人駆けつけ  「ちょうど100年前に始まった」―在サンパウロ日本国総領事館と関係の深いブラジル日本文化福祉協会やブラジル日本都道府県人会連合会、サンパウロ日伯援護協会などの日系団体や日系議員、日本政府関係団体、諸外国領事館関係者等、約360人が一堂に会し、同総領事館が設立から100年を […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]