ホーム | 日系社会ニュース | 静岡県磐田農業高校=生徒ら8人が研修訪問=静岡県人会が後援

静岡県磐田農業高校=生徒ら8人が研修訪問=静岡県人会が後援

ニッケイ新聞 2011年8月23日付け

 静岡県立磐田農業高等学校が実施する「第2回ブラジル生徒派遣交流事業」の訪問団が17日に来伯、9日間サンパウロ市に滞在する。
 寺田知可、石山凛子さん、池ヶ谷孝副校長、二村薫教諭、同校卒業生の永田新次郎、柴田敏宏、石野泉さん、静岡県議員の安間英雄さんが17日、静岡県人会の杉本教雄会長らと共に弊社を表敬訪問した。
 ブラジル人は同市に5千人、同校には10人が在校している。
 永田さんが会長を務めるOB会は16年前から度々来伯し、同県人会と交流を重ねてきた。その折に、同県人会名誉会長の鈴木静馬さんが静岡県知事に生徒の派遣を提案、05年に第1回が実施された。
 サンパウロ州立大学付属ジョゼ・ボニファシオ農業技術校を訪れるほか、農業施設の視察や史跡、観光名所の見学も予定する。
 杉本会長は、「こうして交流できることを大変嬉しく思う。多くの日本人と手を取り合って輪を広げたい」と歓迎の気持ちを述べた。
 「将来は農大進学が夢」という寺田さん(18)は、「コーヒー園など農園を見たい。滅多にない機会を生かして様々な経験をし、成長したい」と語った。
 石山さん(16)は、「遥かに広いこのブラジルで、どんな農業が営まれているのか知りたい」と意気込んだ。
 帰国後、2人は今回の研修について報告書をまとめ、さらに研究発表会で全校生徒に発表する。
 鈴木名誉会長は、「これからはもっと多くの生徒を派遣し、ブラジルについて知ってもらいたい」と希望を語り、永田さんも、「10人の派遣を実現できるよう、帰国したら運動を始める」と力を込めた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民2019年1月8日 ブラジルを「故郷」にするなら桜を植えよう=郷愁とブラジル日本移民  「静岡の茶畑そっくりだ」―サンパウロ市から南西に190キロほど下った海岸部レジストロの茶畑に取材に行き、故郷の光景を思い出した。  といっても、緑茶ではなく紅茶だ。聞けば、原料となる茶葉は緑茶も紅茶も一緒だが、加工工程が違うのだという。お茶畑まではそっくりなワケだ。 […]
  • 日本人ブラジル移住110周年に当たって思うこと=熊本県在住ブラジル研究者 田所清克(たどころ きよかつ)2018年5月26日 日本人ブラジル移住110周年に当たって思うこと=熊本県在住ブラジル研究者 田所清克(たどころ きよかつ)  1908年4月28日、神戸港から笠戸丸に乗船した日本人移民がコーヒーの積出港に着岸して、今年で110年を迎える。そのこともあって、ブラジルではむろん、日本でもこれにちなんだ諸々の行事が予定されている。  ところで、ブラジルに関する地域研究も従来からすれば、格段の進歩 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • コチア青年移住60周年=総理、外相、農相から祝辞=編纂中の記念誌に掲載へ2015年9月29日 コチア青年移住60周年=総理、外相、農相から祝辞=編纂中の記念誌に掲載へ  編纂中のコチア青年移住60周年記念誌に対し、安倍晋三内閣総理大臣、岸田文雄 外務大臣、林芳正農林水産大臣から祝辞が寄せられた。60周年記念特集に際して、コチア青年の存在がいかに広く認識され、祝われているかを示す証左としてこれを掲載する。未来へ継承される不屈の精神―共に歩む―安 […]
  • ニッケイ俳壇 (856)=星野瞳 選2015年9月19日 ニッケイ俳壇 (856)=星野瞳 選 【この九月四日世を去った西谷南風遺句集より】 仔馬追ふ母馬の眼の人に似る 時雨るるやキリストの本売ル人に 百雷の轟く滝の夕燕 吹き荒れて谷に落ちたる野分かな 火焔樹の下に人待つ恋乙女 鍬百姓四十年や豆の花 […]