ホーム | 連載 | 2011年 | 旧都で育むニッポン~ペトロポリス「BUNKA-SAI」~ | 旧都で育むニッポン~ペトロポリス「BUNKA-SAI」~(2)=リオ日系団体も駆けつけ=市が全面協力、「連帯のお返し」

旧都で育むニッポン~ペトロポリス「BUNKA-SAI」~(2)=リオ日系団体も駆けつけ=市が全面協力、「連帯のお返し」

コーラスグループ・光の公演の様子

コーラスグループ・光の公演の様子

 午前10時頃、リオ市郊外のバレンサ市から、太鼓とコーラスグループの一行が3時間半をかけてバスで到着。迎えた安見さんらが博物館内でカフェを振る舞った。
 数年前に発足したバレンサ日伯協会は、約60人が所属、日系人に限らず日本に興味を持つ非日系人も。
 開始時間が遅れそうになり、安見さんはやきもき。「もうすぐ始まりますので、早めにお願いします!」と声を張り上げる。「出場予定者がドタキャンしたり、開始時間が遅れるのはしょっちゅう。文化の違いに苦労しますよ」と苦笑い。
 太鼓グループ『雷太鼓』は、晴れ上がった空の下、午前11時から公演。リーダー以外は全員非日系の若者だ。同市での太鼓の演奏は珍しいのか、集まった人は興味深そうに眺めていた。
 博物館の絵画作品の前で発表したコーラスグループ「光」は「雛祭り」「炭坑節」「上を向いて歩こう」などを楽しそうに歌い、温かな拍手が送られていた。
 指揮と伴奏を務めたアントニオ・ダ・シルバさん(31)は、大学で音楽と歴史を教える。
 「日系のメンバーが教えてくれたので、歌の解釈は難しくなかった。君が代も教えています」と笑顔を見せた。
 メンバーの堀田照子さん(73、二世)は「恥ずかしかった」と笑いながら、「日本語がわからないメンバーは発音の違いに苦戦していたみたい」と話していた。
 ほか、リオの日系協会、日伯文化協会、カンポ・グランデの各団体が参加した。
     ■
 ペトロポリス日系協会の第一書記、山本カチアさん(45、三世)は、ペトロポリスに2番目に入植した2家族の子孫。08年の移民百周年イベントを機に安見さんと知り合って以来、地元メディアで広報するほか、協会メンバーとして文化祭の開催に携わってきた。
 「来場者で『来年は自分も!』という人もいるので参加者は年々増える。大きな団体があるわけではなく、個人レベルで日本文化を愛している人が多い」とする一方で、特別にスタッフを雇うなど様々な面での市の協力に感謝する。
 文化祭を担当する、市文化観光局のペドロ・トロヤッキ氏は「最初に日本公使館が置かれたこの地で、日本文化を普及、保存していくことは非常に重要なこと」と力を込める。
 今年、市は3度目の文化祭開催にあたり、東日本大震災を受けて共催を自粛したリオ総領事館とは反対に、「被災地の人々に、エールを送るようなイベントを」と提案してきたという。
 「1月にリオ山岳地帯で集中豪雨があり被害が出たさい、日本人から送られた『連帯』の気持ちを返したい、という思いもあった」と明かした。(田中詩穂記者、つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • ウチナーンチュ大会呼びかけに=沖縄から西原篤一さん2011年4月19日 ウチナーンチュ大会呼びかけに=沖縄から西原篤一さん ニッケイ新聞 2011年4月19日付け  沖縄ブラジル協会会長の西原篤一氏が10月に開かれる「第5回世界のウチナーンチュ大会」への参加呼びかけなどのためブラジルを訪れ、沖縄県人会の与儀昭雄前会長と12日に本紙を訪れた。 […]
  • コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も2018年12月28日 コロニア10大ニュース=悲喜こもごもの1年振り返る=眞子さまご来伯、110周年祭典=日系候補大半落選、サ紙廃刊も  ブラジル日本移民110周年記念式典が行なわれた7月をピークに、記念行事が目白押しの1年となった。なかでもハイライトは、3月の皇太子殿下、7月の眞子内親王殿下のご来伯だ。サンパウロ州地方部まで足を伸ばされた眞子さまは、各地で感動の渦を巻き起こした。110周年実行委員会も短期決戦 […]
  • 《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう2017年5月26日 《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう  皇室の歴史や成り立ち、現在の状況などについて、ポ語で説明した本があっただろうか。二、三、四世ら次世代に伝えるべき日本文化を両語で出版するシリーズ本『日本文化』第5巻は、その皇室をテーマにしている。来年7月に移民110周年が県連日本祭り会場で予定されており、皇族がご出席 […]
  • 特派員が交代、共同通信=経験豊富な小西さん着任2017年4月5日 特派員が交代、共同通信=経験豊富な小西さん着任  共同通信リオ支局長の渡辺雅弘さん帰国にともない、後任の小西大輔さん(47、石川)が交代あいさつのため来社した。3回目の国外赴任とあって、豊富な経験を生かしたい意向だ。 […]