ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2011年9月21日付け

 リオ市バーラ・ダ・チジュッカ区で18日、法学部の男子学生(24)がカギのささったままのバスを盗み23キロを暴走、18台の乗用車と衝突した後、警察車に囲まれ現行犯逮捕された。事故に巻き込まれた市民1人が負傷した。「間違ったことをやったのは分かっているけど、カギが付いていたからつい盗もうと思った」と容疑者は述べており、犯行時、麻薬とお酒を飲んでいた。「あの時は本当の自分じゃなかった(fora de si)」とも言い訳しているが、それも含めて「自分である」ことを良く認識すべきか。
     ◎
 リオ市南部のコパカバナで19日未明、非政府組織『リオ・デ・パス=(平和なリオ)』のボランティアらが黄色と緑色に塗装されたホウキ594本(議員と同数)を砂浜に植えた。行為は、国の汚職に対する抗議を表している。同グループは、「連邦議会、ブラジルの汚職を掃くのを手伝って」と書かれたバナーも掲げていた。この調子だと、ジウマ政権6人目の大臣交代もそう遠くないかも…。
     ◎
 ゴミ捨て場の跡地に建設されたショッピング・ノルチがガス爆発の危機にあるとの報道の後も、何事もなかったかのように客が絶えないと20日付けエスタード紙が報じている。同ショッピングはこの件で毎日1万7千レアルの罰金を科せられた。一月分なら50万レアル以上であり、通常の商業施設であれば経営を左右するような金額だが、同ショッピングは馬耳東風のよう。周り巡ってそれを払うのは、結局は利用客だから?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コンフェデ杯=決勝戦当日も混乱止まらず=マラカナンの内外でデモ2013年7月31日 コンフェデ杯=決勝戦当日も混乱止まらず=マラカナンの内外でデモ ニッケイ新聞 2013年7月2日  サッカーのコンフェデレーションズ杯決勝が行われた6月30日、試合会場のマラカナン・スタジアム内外で同スタジアムの民営化などに反対するデモが繰り広げられ、騒動となった。1日付伯字紙が報じている。 […]
  • デルタとの契約を解約=W杯関係などの大型事業2012年4月28日 デルタとの契約を解約=W杯関係などの大型事業 ニッケイ新聞 2012年4月28日付け  連邦警察による〃モンテ・カルロ作戦〃などで逮捕されたカルリーニョス・カショエイラ容疑者との通話内容から、汚職への関与が判明したデルタ・コンストルソンエスが、また一つ大口事業からおりる事になった。 […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも2018年11月2日 《ブラジル》22歳、初出馬で46万票!=カタギリ次期下議に直撃取材=奈良県人会でボランティアも  若干22歳、初出馬でなんと46万5310票も集めて連邦議員にみごと当選した話題の日系人、キム・カタギリさん(22、三世)を10月24日に取材した。サンパウロ州選出の連邦下議の中では4番目だ。このような新しい〃大波〃によって下院議員全体の3分の2が入れ替わった。ジョルナ […]