ホーム | 日系社会ニュース | 援協Dr南の=病は気から!?=第6回

援協Dr南の=病は気から!?=第6回

日系社会ニュース

ニッケイ新聞 2011年10月1日付け

 免疫と憂鬱に深い関係があることを明らかにするために、二つのケースで説明いたします。
 長期にわたって癌の治療を受けた結果、好転し、普通の生活をしていたある人が家族内の急激に起こったトラブルのため憂鬱症になり、コントロールしていたのが急に不調となり、悪化し、数日後、死に至ったという実話は多くききます。
 また、逆に進行した癌が手術、ラジウム治療等あらゆる手段を施したが、甲斐なく、医者から絶望視され、見離され余命あと僅かと宣告されました。ところが、10年20数年と生き延び、結果的には他の原因で死に至ったというケースもよく聞きます。
 しかし、これは奇跡が起こったと決め込むことはできません。確かに免疫が何かのきっかけで増大したと考えられます。ただし、念を押しておきたいのはこのようなケースを手本にして、決して治療方法を取り替えてはいけません。
 と同様に決して精神療法によって免疫増大だけで治療する方法だと思い込んでもいけません。それはまだ免疫について、複雑な意識、無意識の問題が関わっているからです。医師以外の付き添いの人達、また、家族の方により、本人の免疫機能を発生、高め、増大しやすいように適当な環境をつくることを一番に考えることが大切であると思います。
 それでは心、想像だけで病気が起こることは可能でしょうか?
 そうです。病気は様々な原因の結合によって発症し、心はその中の一つです。その関わり方も様々であって、病気はその人の精神状態の影響を受けます。
 では、どのような因子が病気の発生に影響するのでしょうか?
 その因子は無数で複雑であり、精神状態以外、遺伝、食習慣、汚染された環境、感染菌の存在等、それに対して、私たちの身体の健康状態、たとえば、良い栄養、感情のバランス等を保つことは癌、あるいは、その他のあらゆる病症に対して、抵抗力が増大します。
 それでは、どのような病気に対して精神の感受性の影響が強いのでしょう。一般的に申しますと病気全部です。くしゃみから転落事故まで精神的な作用がいくらかあるといわれています。
 ただし、意識・無意識のレベルであろうと感情が病気の発生、進行の関わりが高いと知られているのが気管支喘息、皮膚炎、アレルギー症、胃腸炎、ルプス(落葉状天疱瘡)慢性関節リュウマチのような自己免疫症(Doenca Autoimunes)のような病気が並びます。(つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]