ホーム | 日系社会ニュース | 日本祭り文芸コーナー=俳句・短歌コンクール=結果発表、15人が入賞

日本祭り文芸コーナー=俳句・短歌コンクール=結果発表、15人が入賞

ニッケイ新聞 2011年10月1日付け

 今年7月にあった県連日本祭りの文芸コーナーで「ブラジル日系文学」(武本憲二会長)が主催した『第7回俳句・短歌コンクール』の選考結果が発表された。
 郵送も含めた応募数は俳句90句、短歌31首、俳諧は一般67句、子供40句。
 俳句・短歌部門から5人が入賞、俳諧部門からは10人が「第4回増田恒河賞」に選ばれた。
 授賞式は12月18日(日)11時よりブラジル日本語センター(R. Manuel de Paiva, 45, Vila Mariana)である。
 選考結果は次の通り。
 【俳句部門・特選】
 星野瞳選 
 人人で埋まる日本まつりかな(串間いつえ、サンパウロ市)
 栢野桂山選 
 空っ風にさらして乾かす開き鱈(和田貴美子、スザノ)
 間嶋稲花水選
 母国から蕎麦打ちも来て郷土祭(新井知里、サンパウロ市)
 富重久子選
 郷土祭あぎとふ孫を肩車(佐藤美恵子、サン・カルロス)
 【短歌部門・特選】
 梅崎嘉明選
  日本祭ブラジル人日系人うち揃い叩く太鼓が会場どよもす(金谷はるみ、S・B・カンポ)
 【俳諧部門(ポ語)】
 ◎第四回増田恒河賞
(順位順に、敬称略)
 井浦賢治、小田照子選
 ◎一般の部
 フランシスコ・アシス・ドス・サントス、ジョゼ・アルヴェス・ダ・シルヴァ、リカルド・ルチグリアノ・ロッケ、セルジオ・フランシスコ・ピコリン、カルロス・ヴィエガス。
 ◎子供の部
 ジョズエ・ロデル・サロモン、ギレルメ・ギマリャエス、ウィリアム・ヴェナンシオ・ダ・シルヴァ、バルバラ・ヴィエイラ・バチスタ、ジェフェルソン・ヘンリッケ・モデスト。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • オザスコで富士山写真展=110年記念して市が開催2018年6月15日 オザスコで富士山写真展=110年記念して市が開催  サンパウロ州オザスコ市は、静岡新聞(本社・静岡市)とニッケイ新聞との共催で『富士山写真展』を13日から、オザスコ・プラザ・ショッピング内で開催している。  本展は日本移民110周年を記念して開催されたもの。静岡新聞のカメラマンによって様々な角度から収められた霊峰のパ […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • 和楽器トリオ「結」2015年5月29日 120周年文化事業が続々と=基金も音楽家3組招へい=『るろうに剣心』作者来伯=有名アーティスト次々に  日ブラジル交樹立120周年を記念して、様々な日系団体が事業を企画している。国際交流基金サンパウロ文化センターでは和楽器トリオ「結」、ジャズピアニストのクリヤ・マコト、世界的バイオリニスト五嶋龍3組の音楽家の全伯ツアーを予定するほか、大ヒット漫画『るろうに剣心』(ポ語題「S […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]
  • 2014年4月24日 サントス日本祭りに2500人=地元と共に食や舞踊で楽しむ ニッケイ新聞 2013年12月5日 サントス最大の日系イベント「第5回サントス祭り」が同日本人会(関谷アルシデス会長)により、11月30日から2日間、同会館で行われた。のべ約2500人が来場して、日本食などの出店、ステージの出し物、生花・書道のワークショップを楽しんだ。 同日 […]