ホーム | 日系社会ニュース | もくまさあきさん=盛況だった口笛コンサート=150人が笑顔で口すぼめ

もくまさあきさん=盛況だった口笛コンサート=150人が笑顔で口すぼめ

ニッケイ新聞 2011年10月7日付け

 プロ口笛奏者・もくまさあきさん(69、大阪)の口笛コンサートが1日にリベルダーデ区の宮城県人会館であり、約150人の観客が童謡、唱歌、クラシックなどの〃演奏〃に聞き惚れた。
 「君が代」で幕開け、「愛燦燦」「アベ・マリア」などの調べをビブラートの利いた透明な音が会場に響かせた。曲名当てクイズ形式で進行、曲が終わるたびに客席から答えがあがった。
 続いて、「荒城の月」「赤とんぼ」など4曲を叙情的に吹きあげた。
 口笛指導では観客も立ち上がり、口をすぼめて繰り返し練習。小さかった音もコツを掴んだのか徐々に大きくなり、仕上げに「チューリップ」「ドレミの歌」を合奏した。
 飛び入り参加で舞台に上った村上佳和さん(70、広島)は、「緊張で口が渇きました」と照れながら話した。
 後半は、ウクレレの伴奏に合わせ「ミカンの花咲く頃」「上を向いて歩こう」では歌詞の「涙がこぼれないように」を「笑顔がこぼれますように」との替え歌で明るく会場と共に歌い上げた。
 終了後、もくさんに吹き方を教わっていた角谷真美子さん(62、愛知)は、「素晴らしい高音。吹き方を知りたくて、口の中まで見せてもらいました」と笑顔。
 もくさんは、「大阪よりもノリがいい。ちょうど日本の反対側で、口笛を世界に広めるためにも大きな励みになった」と話していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]